『つなかん×東欧セルビアフードのランチボックス』in気仙沼

2016-07-17.JPG

海の日の連休に、気仙沼の民宿「唐桑御殿つなかん」で、 セルビアクロアチア料理の弁当販売を販売しました。

 

 

 

 

2016-07-16 022.JPG

3度めからはスタッフとして通っている「つなかん」。
GWに続き、2度目のお手伝いです。

 serbian-night.hatenablog.com

 

そのとき、セルビア料理を賄いでつくったご縁で今回のお話をいただきました。

とはいえ、セルビアは山国。魚料理すべて川魚がメイン。気仙沼の素材を活かすには。。。と頭をひねり、お隣のクロアチアのスープとあわせたメニューを考えました。

 

 

つなかん×東欧セルビアフードのランチボックス

 

 

2016-07-16 032.JPG

あらかじめお願いしてあった食材で仕込み。

 現地では丸鶏からとったスープストックを使いますが、気仙沼ならではの味にするため、「どんこ」のあらと野菜で出汁をとり、「どんこ」の身はマリネに。

 

2016-07-16 035.JPG

 

大量の野菜のみじん切りは、つなかんスタッフの協力を得て、ともに涙を流しながらの完成。

 

2016-05-01 01.JPG

 

翌朝、お客様の朝食を終えると『ランチボックス』の仕込み。

 

2016-07-17 001.JPG

前日仕込んだ野菜を2升のお米に炊き込み、ふんだんに魚介を使った港町ならではの贅沢な食材にくらくら。

 

2016-07-17 018.JPG

『しごと場・あそび場ちょいのぞきin気仙沼』の唐桑ツリーハウスピクニック

 

 

2016-07-17 020.JPG

『かんだカレー』、『ツリーハウスバーガー』とともにも販売させていただきました

 

 

2016-07-17 016.JPG 三陸の海の恵みで出汁たっぷり。 実力以上に美味しくできたかも。

 

セルビアの山をイメージしたピラフと、クロアチアの海をイメージしたブロデットは、どちらも気仙沼の「どんこ」のあらでとったスープがベース。 牡蠣や帆立、ずわい蟹にムール貝も入った唐桑ならではの贅沢なランチになりました。

おかげさまで49食完売! みなさま、ありがとうございました。

 

cyoinozoki.jp

 

 

 

2016-07-18 092.JPG

 

 

moriyasuisan.com


ランチボックスをお買い上げくださったお客様、関係者の皆さま、ありがとうございました。