web shop “DOMACA“ をオープンしました

https://www.instagram.com/p/B9Iwt3JBHrH/

セルビア共和国の位置するバルカン半島は、最初で最後のヨーロッパ。

知られざる美食大国です。

Select Shop "DOMACA(ドマチャ)"は、南東欧の食と文化を伝えるセレクトショップ。pop-upレストラン『セルビアンナイト』の姉妹店としてwebでの営業をはじめました。

かねてより、料理だけではなく文化についても知りたいというお客様からのリクエストにより、セルビアンナイト席上でも物販や本の紹介をしていました。

おかげさまで、法人化により取引できる相手先が増えました。セルビア製品をお探しのお客様に「それはどこで買えるの?」と尋ねられたとき、「ドマチャで扱っています」と答えられることが増えるよう、食材も増やして行きます。

 

アイヴァルはもちろんここで購入いただけます。
トップページの写真は、セルビアの山並みとカイマック。
(カイマックは将来の野望として)

こちらのリンク先から覗いてみてください。

ウェブショップ運営初心者のため、不行き届きの面があるかもしれませんが、食を入り口として、南東欧の文化の入り口になるよう励みます。
ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 

domaca.raku-uru.jp

 

Serbian Night @渋谷コラボカフェ Vol.19

おかげさまで、19回目のSerbian NIght@渋谷コラボカフェも無事終了。

今回も常連のお客様と、これを機会にはじめてセルビア料理と文化にふれたというお客様が半々でしたが、偶然にも国は違えど民族舞踊という共通点をお持ちでした。

 

料理やお酒にとどまらず、セルビアそして、中国、キューバそれぞれの民族舞踊についても会話がはずむ様子を、キッチンから嬉しく拝見。

セルビア産ひまわり蜂蜜と土着品種プロクパッツの赤ワインが絶賛をあび、どちらも推してきた甲斐がありました。

 

続きを読む

セルビアの日本情報サイトJapanoramaに掲載いただきました

f:id:ladybug-noriko:20200213214516p:plain

法人の設立について、セルビアの日本情報サイト"Japanorama"にとりあげていただきました。

オリンピックイヤーの今年はバルカンからの選手や旅行も日本を多く訪れるはずなので彼女を応援しよう、というセルビアの説明とともに日本語/英語のプロフィールと2019年実績、今後の予定を掲載されています。
ありがとうございます。

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。

法人設立のご挨拶

f:id:ladybug-noriko:20200205145901p:plain


いつもお世話になっております。セルビアンナイトの橋本典子です。

2015年より個人事業で活動を続けてまいりましたが、去る1月30日に「セルビアンナイト」の運営を行い、バルカン半島の食文化を紹介する株式会社DOMACAを設立いたしました。読み方は「ドマチャ」。セルビア語で「自家製」を意味します。

これからも「セルビアンナイト」はブランド名として大切に掲げてまいります。

これを機にロゴマークも変更し、中央の文字を「Noriko's Kitchen」から「DOMACA」にいたしました。(本来の綴りは「DOMAĆA」ですが、「Ć」は日本に馴染みが薄い文字のため、「C」とパプリカで表しています。)

無事に設立登記と諸届け出が完了し、やり切った感にひたりかけましたが、いやいや、やっとここが本当のスタートラインなのだ、と気を引き締めていきます。

当面はいままで通りひとりで営業する小さな会社です。みなさまに愛され、笑顔をお届けできるよう励みます。

今後ともご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

2020年2月5日

株式会社DOMACA
代表取締役 橋本典子

Serbian Night @渋谷コラボカフェ Vol.18 【特別編】Balkan Night

数日前からの雪の予報と、当日の大雨にもかかわらず、おかげさまで3回目のブルガリアセルビアのコラボ企画「Balkan Night」も無事終了。

ずっと気になっていて参加してみたいけれど、一緒に行ってくれる人が見つからないし。。。という方も、どうぞご安心を。ほとんどのお客様がおひとり様での参加です。料理やバルカン地方など、共通の話題で毎回盛り上がっていらっしゃいます。

 

ゲストシェフのアントニオ・アナトリエフ・アンゲロフ(Antonio Anatoliev Angelov)さん(通称トニー)は、ブルガリアの都市 ヴァルナ出身。通訳やモデル、俳優業の傍ら料理教室や、Bulgarian Nightで自ら腕をふるい、テレビ番組でも母国の料理を紹介されています。

将来の夢は、ブルガリアだけではなく、世界と日本の架け橋になること。極真空手の黒帯をとりたいという目標も持ち、東京オリンピックに向けたNHKの『世界を応援しよう』ブルガリア編にも出演しています。

sports.nhk.or.jp

Japan-Russia News語ろうアースカフェ ルーマニアへ行こう!Let's go to Romaniaの皆さまもおいでくださり、お席に余裕があったためキッチン部隊も同席。空気中に漂うバルカン指数は今回も濃厚でした。

続きを読む