J-WAVE「JAM THE PLANET」内 “EATOUT TOKYO”のコーナーでセルビアンナイトが紹介されました

  I was interviewed by J-WAVE program as a restaurant serving the national cuisine of the soccer World Cup.

  Serbian Night was introduced in the "EATOUT TOKYO" section of "JAM THE PLANET" after 21:00 right after the game between Serbia and Cameroon on November 28th. The restaurant information is also posted on their website and SNS. Please take a look.

 


サッカーワールドカップ参加国の料理店として、J-WAVEの番組から取材をいただきました。

11月28日㈪のセルビアvsカメルーン戦終了直後、21時すぎ「JAM THE PLANET」内"EATOUT TOKYO"コーナーで、セルビアンナイトが紹介されました。また、番組ホームページやSNSにも掲載いただきました。ぜひご覧ください。

続きを読む

Serbian Night Vol.Vol.102《Ćevapčići(チェヴァプチチ) / 肉団子のグリルで、がっつりブランチ&ランチ》

  FIFA World Cup has started. I was deeply impressed by the Japanese national team, who blew away the recent tense atmosphere with their victory in their first match. Since there is a six-hour time difference with Qatar, the host country, many of you may be adjusting your work, watching, and sleeping schedules. I also  follow the news as a bandwagon fan. In the middle of this circumstances, I was interviewed by an FM radio program as a restaurant of a participating country. Special thanks to the Serbian national team!

  This time Vol.102 all the guests were the first coming of the Serbian Night. Some of them are groups eating foreign local cuisine, Japanese who lived in Serbia for work, and Serbs who are staying in Japan for  months for work. After lunchtime, the J-WAVE "JAM THE PLANET" staff also had Serbian cuisine for the first time, and was surprised to find that it matched her taste.

 

www.j-wave.co.jp

 

  Thank you to everyone who came and always cared about. The last opening  at the end of the year will be dinner on December 21st. The first day of new year will be the Serbian Orthodox Chrismas menu on January 7th. Please make a note of it in your schedule for next year. After enjoying the Japanese New Year mood, why don't you join our Balkan Christmas table?

 いよいよサッカーワールドカップが始まりましたね。初戦の勝利で昨今の重苦しい雰囲気を吹き飛ばしてくれた日本代表、さすがだ。開催国カタールとの6時間の時差で、お仕事と観戦、睡眠時間のスケジュール調整をしている方も多いことでしょう。わたしも、にわかファンとして情報を追いかけています。そんななか、参加国の料理店として、FMラジオの番組から取材をいただきました。セルビア代表に感謝!

 セルビアンナイトVol.102の今回は、みなさま初来店で、各国料理食べ歩きグループのお客様や、かつてお仕事の関係でセルビアに住まれていた方、出張で長期滞在中のセルビア人などのお客様も来店されました。閉店後はJ-WAVE「JAM THE PLANET」の取材の方も、はじめてのセルビア料理を体験し、日本人の味覚との親和性に驚かれていました。 

インターネットラジオでも当日の放送が視聴できます

radiko.jp

 ご来店の皆さま、いつも気に掛けてくださる皆さま、ありがとうございます。年末の最終日は、12月21日㈬のディナーです。年初は、ユリウス暦のクリスマスに当たる1月7日㈯のセルビア正教会メニューブランチ&ランチからはじまります。来年のスケジュールに帳にメモしておいてくださいね。お正月気分を満喫した後は、私たちと一緒にバルカンのクリスマス料理を楽しみにいらっしゃいませんか?

続きを読む

ZINE『Baklava BANZAI ニッポン・バクラヴァガイド』にセルビアンナイトが掲載されました

ZINE『Baklava BANZAI ニッポン・バクラヴァガイド』に、セルビアンナイトが紹介されました。

カフェバグダッド、比呂啓、じょいっこ、の三者による共著で、中東の伝統的なお菓子「バクラヴァ」について、国内外で買える店の情報や、バクラヴァにまつわるエッセイが収録されています。セルビアンナイトは、「東京でも食べられる!世界のバクラヴァ」の店として紹介いただきました。

 

表紙をひと目見ただけで、すでにノックアウト!

充実の内容に、頭の中はバクラヴァの、さくさくさくとした生地、ナッツの食感、甘い味と香りでいっぱい。

幸運にも、献本で1部いただきましたが、お披露目された11月20日の「文学フリマ東京」で早くも完売。現在は在庫切れとのことです。

続きを読む