Serbian Night Vol.109《Ćevapčići(チェヴァプチチ / 肉団子のグリルでがっつりブランチ&ランチ》

   Last week, the JASS(Japan Association of Senior Service) stopped by for lunch before visiting the embassy. This was the third time for the event "Visit the Serbian Embassy and Enjoy Serbian Cuisine" sponsored by JASS University, which sold out in last July and September. At this time, January 14th was the Julian New Year, so I decorated the “Pogaća” that is baked at ceremonial occasions in Serbia with the stamp from the Orthodox Church.

  Thank you to all who came and always care about.  Serbian Nights, which returned for brunch and lunch two years ago, was also able to reopen for dinner from last November. Recently, in addition to regular customers, there are many customers from far away and overseas so  I planned to increase the business from a day to two days a week. However three years of COVID-19 was too long for a middle-aged woman. I think I pushed myself too hard. I was sick in bed in Christmas time.  I decided to take a break during the winter, from February to March.  See you  in the spring.  Please wait for me.

 On Friday dinner, winter-only menu Sarma will be available.  Please make a reservation before it sold out.   I am looking forward to meeting you.

 先週は、昨年の7月と9月ににキャンセル待ちで追加開催となった『セルビア大使館訪問、セルビア料理を楽しむ』で、日本セカンドライフ協会様が再訪されました。1月14日のユリウス暦の新年にちなみ、今回は、セルビアで祝い事の席に焼かれる大振りの飾りパン「ポガチャ」を、正教会の刻印で飾りつけました。

 ご来店のお客様、いつも気に掛けてくださる皆さま、ありがとうございます。2-3月は、お休みをいただきます。一昨年に復帰したセルビアンナイトは、おかげさまで土曜日のブランチ&ランチに加えて、昨年11月からはディナーも再開することができました。最近では、地方や海外からのお客様もお迎えし、営業日を週1日から金曜土曜の二日間に増やす方向性で進めていました。が、この3年のコロナ禍は長かった。もう、そう若くはありませんでした。無理は禁物。疲れがたまっていたようで、クリスマスに寝込んだため、冬の間はお休みをいただくことにいたしました。ペースを緩め、春にまた戻って来ます。待っていてくださいね。

 お休み前の1月27㈮のディナーには、お待ちかね、冬季限定メニューのサルマ(サワーキャベツで巻いたロールキャベツ)が登場します。ご都合があう方は、ぜひ、ご予約くださいね。

アクセス

 セルビアンナイトの場所をお借りしているコラボカフェは、渋谷駅から徒歩7分青山通り沿いにあります。

渋谷駅の改札を出て東口方面に向かい、ヒカリエの2階通路を抜けて宮益坂青山通りへと向かうと、ハチ公口やスクランブル交差点の人込みを避けたアクセスが可能です。

 入り口の目印はセルビア国旗。渋谷から青山通りを旧こどもの城、国連大学方面へ向かうと、道の青山学院大学側、スターバックス渋谷2丁目店の先3軒めが、青山台ビルです。セルビア国旗とセルビアンナイト看板右手の階段を地下へ降りてください。通路つきあたり左が入り口です。

f:id:ladybug-noriko:20211107151727j:plainf:id:ladybug-noriko:20211107151831j:plain

感染症予防対策について
  • 発熱や咳など体調がすぐれない方はお申し出のうえ、参加をご遠慮ください。

  • 入店時にアルコールによる手指の消毒をお願いしております。

  • 飛沫感染予防のため、ご利用いただける座席を限定しております。

  • 飲食時以外のマスクの着用にご協力ください。

  • お飲み物、食べ物の持ち込みおよび、お持ち帰りはお断りしています。 

小さなお子様連れのお客様には、ソファー席をご用意いたします。ご予約の際にお声掛けください。

1月19日㈭のメニュー
  • Ajvar(アイバル)/ パプリカペースト

  • Šopska salata(ショプスカ・サラータ) / ショプ地方のサラダ

  • Ćevapčići(チェヴァプチチ) / 肉団子のグリル 

  • Pogača(ポガチャ) / 「ハレの日」の竈(かまど)パン

  • Kolač sa višnjama(コラチ・サ・ヴィスニャマ) / サワーチェリーケーキ

  • Domaća Kafa(ドマチャ・カファ)/ トルココーヒーまたは、Biljni čaj(ビリィニ・チャイ)/ ハーブティー

 

・Šopska salata(ショプスカ・サラータ) / ショプ地方のサラダ

ショプスカサラータは、ブルガリアセルビアマケドニアにまたがる「ショプ地方のサラダ」という名前のサラダです。山がちなその地方では、山岳牧畜民が多く暮らしているため「羊飼いのサラダ」というニュアンスも含み、特徴は、角切りした野菜に、山羊や羊のチーズをたっぷりと振りかけること。セルビアンナイトでは、フェタチーズを載せています。

 

・Ćevapčići(チェヴァプチチ) / 肉団子のグリル 
・Ajvar(アイバル)/ パプリカペースト

セルビアンナイトの看板料理のチェヴァプチチ。旧ユーゴスラヴィア地域では、キョフテの基本である、網焼きのウズガラ・キョフテ(Izgara köfte)を”チェヴァピ”または”チェヴァプチッチ”と呼び、タマネギの輪切りや、みじん切りを添えてパンに挟んだものがストリートフードとして人気です。

 

・Pogača(ポガチャ) / 「ハレの日」の竈(かまど)パン

"ポガチャ"は、トルコ発祥のふんわりとした生地のパン(トルコ語=Poğaça、セルビア語=Pogača)。名前の意味は「丸いパン」。粉と水がメインのレピニャに対し、卵を加えたリッチな配合が特徴です。日常の食卓にはシンプルで大振りな形のパンを焼きますが、クリスマス、イースターや「スラヴァ(守護聖人の祝日)」などの「ハレ」の日には、小麦粉でさまざまな象徴的モチーフの装飾を施されます。1月14日のユリウス暦の新年にちなみ、この日は正教会の刻印で飾りつけました。

 

・Kolač sa višnjama(コラチ・サ・ヴィスニャマ) / サワーチェリーケーキ

セルビア名産のサワーチェリー(モレロチェリー)は真っ赤に実り、爽やかな酸味が特徴です。一般的なサクランボ(trešnja)とは違う、ヴィスニャ(višnja)という特別な名前を持っています。ケーキにたっぷり閉じ込めて、さっくりと焼きあげました。

Domaća Kafa(ドマチャ・カファ)/ トルココーヒーまたは、Biljni čaj(ビリィニ・チャイ)/ ハーブティー

デザートのお飲み物はトルココーヒーとハーブティをご用意しています。当日の気分でお選びください。

 

 

店内のパンフレットなどもご自由にご覧ください。

 

 セルビアワインもお料理とあわせてご予約を承ります。興味のある方は、ぜひワインリストをご覧ください。

serbian-night.com

 

今週のBGM


www.youtube.com

セルビアの「雪やこんこ」的な?

 

青山通りは渋谷でも落ち着いたエリアです。週末のお昼のひとときを、寛ぎに来てください。

 

関連記事:

serbian-night.hatenablog.com

 

serbian-night.hatenablog.com

今後のスケジュール

  • バルカン・ディナー

1月:27日(金) 19:00-21:30

ご予約はこちらのチケットサイト↓で営業日の前日23:55まで受け付けています。

https://peatix.com/group/2043652/events

 

https://2023-01-27.peatix.com/view



現在、1月27日㈯までのご予約を受け付け中です。以降は、ご予約ページの準備ができ次第、ホームページや弊社SNSでお知らせいたします。フォローよろしくお願いいたします。

https://www.instagram.com/serbian_night/

https://www.facebook.com/serbiannightcom



 

 

Photo: Vladimir Veličković




皆様にお会いできる機会を楽しみにしています。

 

serbian-night.com