おいしいはたけ「田植え・かまど体験」

2018年6月3日は、”おいしいはたけ”主催「田植え・かまど体験」にて料理を担当いたしました。

”おいしいはたけ”主宰の冨田さんは、小田原市でお米、みかん、季節の野菜を完全無農薬有機で栽培し、古民家でワークショップなども開催されています。

 

共通の友人を通じてご縁をいただき、かまどで炊くご飯と、小田原の野菜、自然養鶏の卵にあうセルビア料理のおかずをつくりました。

 

 

 

田んぼの位置する下曽我は、富士山の東。

乗換の御殿場線新松田駅からもくっきりと富士山が見え、テンションが上がります。

 

9:30に古民家に集合し、着替えて田んぼにむかうみなさんをお見送り。

大人と子どもをあわせて30名ほどの参加者でした。

 

当初は田植えも参加するつもりでしたが、タイムスケジュールと調理手順をすりあわせると、仕込みに専念しないとね、ということで。 

 

田植えの体験の済んだ田んぼを帰り際に見学。

  

今回はほとんどの食材を主催者側にご用意いただきました。

さすが産地!野菜の色、大きさ、瑞々しさがぜんぜん違う。。。

萌える、というか、燃える!!

 

前の晩に洗ってざるにあげておいていただいた玄米。

ざるも竹だし。。。。

萌える。

 

玉ねぎは白と紫。人参の根のオレンジと、葉の緑。

 

いままで作ったなかで一番鮮やかなキャベツの煮込み! 

  

田植え体験から戻った参加者の皆さまは、かまど体験へ。

 

昔ながらの土間でご飯を炊きます。

大人数のためカセットコンロの力も借りてメインの煮込み。

 

(お客様撮影)

玄米を炒るなど、根気のいる作業は人海戦術でお手伝いいただき

 

さらに野菜のカットなど、立っているみなさんの手はどんどん借りまして

  

 (お客様撮影)

 二間つづきの部屋にお膳を並べて盛り付け、配膳。

 

 -------------------------

 

 

2015年のセルビアの山の上でのこんな食事や

 

農家でのおもてなしが思い出され、土地の恵みを抱いた新鮮な食材。大勢で囲む食卓。豊かさってこういうことなんじゃないかと思う。

 

-------------------------

 

 

 (お客様撮影) 

 みんなで、そろって両手をあわせ「いただきます」。

 

 メニュー:
・辰巳芳子さんの玄米スープ

・自然養鶏場「春夏秋冬」の卵で手作りマヨネーズ

・Jorgovan torta / ライラックサラダ

・Zelena salata / グリーンサラダ

・Svadbarski kupus / スバヅバルスキ クプス

・辰巳芳子さんの玄米スープ

 

今回のテーマ食材は「お米」。

参加者にはお子さんもおり、田植えで疲れた身体を癒す料理をつくりたい。

ならば、ということで、セルビア料理の枠を超え「いのちのスープ」として有名な養生スープを提案(写真は試作時のもの)

小田原名産の梅でつくった梅干しもご用意いただき、ご自宅に帰っても作れるよう玄米を炒る作業をお願いし、手順を説明しながらの調理となりました。

 

・自然養鶏場「春夏秋冬」の卵で手作りマヨネーズ

 

もうひとつのテーマ食材が「卵」。

同じ小田原で養鶏場を営まれ、親交もある自然養鶏場「春夏秋冬」の卵を使用ということもあり、通常は市販品を使用のところを手作り。

写真は最寄りの店で購入した卵使用の試作時のもので、このときも美味しく感じましたが「春夏秋冬」の卵を使用した本番はすごかった。

 

本来はサワークリームとヨーグルトを加えますが、 あまりの美味しさに勿体なくなり、手作りマヨネーズのままと、ハーフ&ハーフで調理に使用しました。

  

serbian-night.hatenablog.com

serbian-night.hatenablog.com

 

 

・Jorgovan torta / ライラックサラダ

そのマヨネーズを使ったサラダ。多層になっており、食べる直前に混ぜます。

4つのうち3つはお客様が盛り付け。

 

横から見るとこんなふう。

 

 

・Zelena salata / グリーンサラダ

スーパーのものより、ふたまわりほど大きなラディッシュ。採りたてのアサツキ。 

すこしミカンっぽいレモンを絞ったドレッシングで小田原の味。

 

 

  (お客様撮影)

 ・Svadbarski kupus / スバヅバルスキ クプス

今回の食材は、3週間発酵させたこのキャベツのみ持参。あとは主催者側に手配いただきました。出来上がり写真を撮れなかったので、持参の鍋から盛り付け中の写真で。

 

 

食後はくつろぎの時間。

大人たちは話がはずみ、外へ出た子どもたちが縁側にひょこひょこと顔を出し、ゆったりと流れる時間。

 

古い農具なども見せていただき、帰り際に田植えの済んだ田んぼにも寄らせていただきました。

 

1本づつ丁寧に手植えしたキヌヒカリの苗。

無事に育ちますように。 

 

 

 (お客様撮影)

 

関係者のみなさま、ご参加のみなさま、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。


もう稲刈りが楽しみです。


気が早っ。。。。