2015年9月 セルビア(ベオグラード到着・旧市街地の街ゼムン)

2015年9月19日に日本を出国し、26日に帰国。

セルビア料理の師であるJelena Jeremic(イェレナ・イェレミッチ)主催、Taste of the Balkansのツアーに参加し、2011年からの4年越しの夢であったセルビアを旅しました。

そのせいで写真も撮りすぎるし思い入れが強すぎるし・・・。
そして知識もなさすぎた。
後付けで得た情報も交え、今更のアップです。

 

Cooking Tour No 2
September 2015

READY TO DISCOVER SERBIA?
FROM PRINCE’S LAMB TO THE ORIENTAL PASTRY

(South-West Serbia)

tour2 | Taste of the Balkans

 

TK53便(成田~イスタンブール/アタテュルク空港)

成田を22時発の便で出発

 

経由地はイスタンブール

04:40着イスタンブール/アタテュルク空港着。

 

誘惑に負けて真夜中のおやつは、冒頭の写真、三日月形のクッキーとトルココーヒー。

 

 

TK1081便 2015/09/19 イスタンブール/アタテュルク空港

 

機内食は一度目の朝ごはん。

 

 

2015/09/19 07:25  ベオグラード到着

 

ホテルのチェックインまでベオグラード中心部を散策

 

首都ベオグラードは北緯44°に位置し、欧州最古の町のひとつだと言われています。

 

資源ごみの容器が大きい。

 

 

ユーゴスラビア連邦時代は、西側にも東側にも属さない非同盟の共産主義国だったという政治体制の影響か、戦火の傷跡は残しつつもグローバル化の悪影響のない古きよきヨーロッパの街並の風景を留めています。

 

こちらの建物は学校。

 

 カフェで一休みをして

 

二度目の朝ごはん。

  

聖サワ大聖堂

聖サワ大聖堂 - Wikipedia

 

ベオグラード中心にある聖サワ大聖堂は、セルビアで最も敬愛される聖人聖サワの聖堂。不朽体として祀られることを恐れたオスマン帝国によって遺体が焼かれた場所を記念して1935年から建築がはじまり、いまもその途中です。

 

 

 聖サワ大聖堂の祭壇に捧げられたロウソク。
養蜂が生活に根差すバルカン半島では、ロウソクはみつろう製が基本。

弔いの為のロウソクと現世の祈りのロウソクはそれぞれの場所に捧げます。

 

serbian-night.hatenablog.com

 

 

聖堂の外は土産物屋が軒を並べています。

 

 

リツィタルはバルカン半島の愛の贈り物。

バレンタインデイに男性がハート型のクッキーを焼く風習がある(あった?)そうです。その中央には小さな鏡。「ぼくのハートの中心に居るのは君だよ」という意味だとか。超絶ロマンチックやのー。。。。。

基本は赤。木製の国もありますが、セルビアではいまも素朴で可愛い飾りクッキーが土産物店を飾っています。

 

精肉店。肉は赤身が基本。セルビアでは牛、豚、羊、鶏、すべて食しますが、その比重は宗教や地域によって若干異なります。

壁には枝肉も吊り下げられ、ショーケース内はおおまかに部位ごとにカットされています。薄切りなどは各家庭で。骨付き肉が手に入りやすいのも羨ましいところ。料理では各部位をいかに混ぜるかによって味わいの深さが変わります。

 

 

ベーカリーには、ブレク、フィロなど。

 

 アイスクリーム屋さん。

セルビアの通貨はディナール。1ディナールは約1円です。安いっ。

 

聖サワ大聖堂からまっすぐ続く通り。

 

 

 

 

 

ホテルにチェックインののちタクシーで旧市街地の街ゼムンに移動。
運転手さんに「あなたたちは日本人ですか?」と尋ねられる。
礼儀正しいから日本人だと感じたらしい。これからもお行儀よくしなければ、と逆に気が引き締まる。 

オスマントルコの支配の及ばなかったこの地域は、現在もオーストリア・ハンガリー帝国時代の様式を色濃く残しており、建物にもその雰囲気がみられます。

 

どこの町の中心にもある市場。

 

色とりどりの野菜や果実に、陽気な売り手。

温和な蜂が飛び交い、目に映るものみんな欲しくなるけれど、すべてキロ単位の販売。

旅行者には多すぎる。

ちょうど葡萄とパプリカが旬を迎えていました。

 

 


2015-09-19 Zemun

 

 

坂を登って高台の塔を目指します。

こちらの塔の脇が絶景ポイント。

 

ドナウ川が眼下に見おろせます。

 

歩き疲れてひとやすみ。

いきなり大勢の日本人がやってきて、みんなレモネードを注文したので店員さんびっくり。

 

 

ドナウ河畔には川魚料理を食べさせるレストランが軒を連ねています。京都の川床のイメージ。

 

並木の道をそぞろ歩き私たちも昼食へ。

 

セルビアの昼食は遅く、午後3時くらい。

朝と夜は軽食で、午後にゆっくりと時間をかけたボリュームたっぷりの食事をとります。

名物のRiblja čorba(川魚のスープ)をオーダー。

お兄さんが三本足の器を持って現れた。

 

名物のRiblja čorba(川魚のスープ)

メニュー説明:Riblja čorba / 川魚のスープ - Serbian Night

 

メニュー説明:Lepinja / レピニャ - Serbian Night

 

名物料理の川魚のグリル。魚は選べるけれど、どう選んだらいいかわからないのでお任せに。鯉、ナマズ、マスだったかな。
予想に反し、日本人の誰もが「臭そう・・・」と怯んだ鯉が一番おいしかった。次がナマズ。無難そうに思えたマスが一番フツーだったように記憶。

 

川魚のグリルの付け合わせはポテトとスイスチャード。青菜を好むセルビアでは、スイスチャードも定番の野菜です。

 

 

ベオグラード中心部へ戻り、ラキヤバーへ。

ラキヤはセルビアを代表するアルコール度数20-70%の蒸留酒
こちらのお店では、さまざまな種類のラキヤをコーヒーとともに楽しめます。

Rakija / ラキヤ - Serbian Night

 

 

小型模型を手にラキヤの説明をするオーナー。

 

セルビアではトルコのお菓子、ロクムも人気。日本の「ゆべし」にそっくり。

 

 

酔いざましにスカダルリヤ通りを散歩。

 

 

デザートはアイスクリーム。

ここのアイスクリームは美味しくて、帰国前にも立ち寄りました。

 


Belgrade Night

ホテルに戻り、初日は終了。

旅はまだこれから。