2019年6月 プライベート・シェフ出張

セルビアからお迎えするお客様を囲む席にセルビア料理の軽食を、とケータリングのご依頼をいただきました。

 

打合せに向かった会場は、銀座の由緒ある店舗。深く考えると緊張がつのって味に影響が出るので、こんな時こそマインドフルネス。極力淡々と無の境地でいつものように仕込み。

 

バルカン料理を仕事にするうえで尽きない悩みは、大きな型を見つけること。

カイマックなど、一部の限られた食材以外はセルビア国内よりも割高になりますが、何とかならないこともありません。

けれども、現地で目にする業務用サイズの型は、日本人にとって洗面器ですか、タライですか、というサイズ感。何でどう代用するのかが悩みどころ。

 

1mほどの麺棒はアメ横でも見つからず、ホームセンターの木材売り場で。

4×4cmサイズで30人分を一度に焼くために見つけたパイ型は、IKEA製のバット。両側に持ち手もついて、使い勝手もなかなかGood。いろいろ探してみるものです。 

続きを読む

園田あけみ個展 ACO Factory collection

5月28日は、"園田あけみ個展 ACO Factory collection"のレセプションで料理を担当しました。

 

2015年11月にセルビアンナイトを初めて開催した代官山のカフェで、同時期に展示されていた「食」をテーマにした立体作品に作品にひとめ惚れ。

食品サンプルとは一線を画した作家性を保ちながら、ピザやラーメンがちょっぴりユーモアを含んだ愛らしい作品として仕上げられており、聞けばレストランからの依頼による製作とのこと。

わたしもセルビア料理のアイコンとなるものが欲しいなー。。。。と、ひそかに思いを募らせていました。 

 

serbian-night.hatenablog.com

 

翌年のゴールデンウィークの代官山春花祭でのブース出店でご一緒した際、思い切ってオリジナルグッズの製作を依頼。

 

f:id:ladybug-noriko:20190613215551j:plain

セルビアンナイトのシンボルである、このマスコットは、そんなご縁で園田あけみさんの手から生み出されました。

続きを読む

セルビア・ドナウ川流域の味を楽しむ夕べ in ココシバ

 5月25日は「セルビアドナウ川流域の味を楽しむ夕べ in ココシバ」で埼玉へ。

会場の Antenna Books & Cafe ココシバは、『イェレナと学ぶセルビア料理』の出版社である「ぶなのもり社」のお膝元。3月の「サラエヴォごはんを楽しむ夕べ」に引き続き、今回は「夏のドナウ川」の章のメニューを再現しました。

  

serbian-night.hatenablog.com

 

 

準備にあたり、試作したクグロフをFacebookにアップしたところ嬉しいサプライズ。

セルビア旅行でお世話になったタマラさんの目にとまり、レシピを提供くださったカティツァさんにつなげてくださいました。タマラさん、ありがとう。

SNSってすごい!!

続きを読む

Serbian Night @渋谷コラボカフェ Vol.8 ★ セルビアにカンパイ!

5月のSerbian Nightは、昨年秋からあたためていた企画が実現し、セルビアでシングルマザーや障碍者を支援する政府認定のアソシエーションを運営するGRAND SOCCOとの共同開催。

 

 この機会に、より多くのお客様に製品を見て、触って、代表の福嵜明美さんとお話をいただけるよう、前半の11:30からは出入り自由の展示販売&受注会。

キャッシュオンでハーブティとお茶菓子のおもてなし。

 

13:00からはご予約制のワイン付きランチコースでカファーナメニューをお召し上がりいただきました。

 

昨年10月にセルビア大使館で開催されたイベントで出会ったGRAND SOCCOのバッグやインテリアファブリックは、すべてセルビア人女性による手刺繍。

 

serbian-night.hatenablog.com

 

わたしも周囲の理解や支援と「手に職」のおかげで、シングルマザーで息子を育てられました。彼が成人したこれからは、恩返しとして支援する側にまわりたい。

商品の魅力はもちろんのこと、そんな気持ちも手伝い、ベオグラード在住の福嵜さんと連絡をとりながら準備を重ね、帰国にあわせての開催となりました。

 

いつも使用している渋谷の会場を、GRAND SOCCOの製品でセルビアのカファーナのイメージでコーディネート。

 

続きを読む

セルビアンダンスセミナー in NYC "Sviraj Kolo "DANCE WORKSHOP IN JAPAN 2019"

f:id:ladybug-noriko:20190513232957j:plain

きのうはセルビア民族舞踊「コロ」のセミナーに参加。

 

大使館のパーティなどで、たびたび披露される民族舞踊。

民族衣装を身にまとった舞踊団の踊りには、いつも見とれてしまいます。

 

来日公演にも何度か通い、プロの華麗な足さばきにも魅了され、地域ごとに異なる衣装や音楽の奥深さに触れました。

 

serbian-night.hatenablog.com

 でも、それだけではどこかかほかの世界の出来事で、自分には関係ないと思っていたけれど、パーティーで食事と会話が落ちつくと参加者たちで自然とはじまるシンプルなステップ。

 

となりの人の手をとって左、左、左、右。

 


Ajde Jano

 

大人になって手をつなぐって、なかかない。

はじめは尻込みしていたけれど、何度も目にしているうちにおずおずと加わりまして。

恥ずかしくても、ステップに集中しているうちにそれどころではなくなり、1曲終わるころには、輪になったみんなに一体感がうまれてる。

これは楽しいぞ。

続きを読む