エジソンのライバル天才テスラの謎★Serbian Night バルカンツアー

f:id:ladybug-noriko:20190423000343j:plain

ニコラ・テスラを知っていますか?

1856年にオーストリア帝国セルビア人居住区(現クロアチアのリカ地方)で生まれ、1943年にアメリカで没した発明家・科学者。

死後、祖国に送られたニコラ・テスラのアーカイヴ(Nikola Tesla’s Archive)は2003年にセルビア無形文化遺産として登録され、主な功績である交流電流、ラジオ、電動モーター、X線などは現在もわたしたちの生活に欠かせないものとなっており、セルビアの100ディナール紙幣に肖像画が用いられ、ベオグラード国際空港の名前にもなっています。

 

f:id:ladybug-noriko:20190422214939j:plain

とはいえ、わたしも2015年のセルビア旅行では、この流し目の紳士について全くの無知。前日入りして「ニコラ・テスラ博物館」を見学したというツアーメンバーの話を、聞き流していたのを悔やむようになるのは、ごく最近の話。

 

その後、ご縁をいただいたセルビア共和国大使館では肖像画銅像が玄関に設置され、講演では祖国の偉人としてたびたびその名を耳にします。

 

もっと、ちゃんと勉強してセルビアに行けば、料理以外にも、もっと多くのことを学べたのに。。。

 

4月19日の"エジソンのライバル天才テスラの謎★Serbian Nightバルカンツアー"では、日本で唯一のテスラ像製作に尽力された日本セルビア協会の平下治氏に講演いただくことができました。

 

続きを読む

セルビア料理と民族舞踊でイースターを祝う会

 

4日6日は「セルビア料理と民族舞踊でイースターを祝う会」で料理を担当しました。

この会は昨年12月の「セルビアの音楽と料理を楽しむ会」に続くカフェジョルジュでのセルビアイベント第2弾。

今回のテーマは民族舞踊とイースター。民族舞踊の普及に多大な貢献をされている丸山希代子さんに、旧ユーゴスラヴィア時代からのセルビアとの交流や当時の思い出、2014年にブランコ・ツヴェトコヴィッチ舞踊団の来日時にドキュメンタリー映画を製作された後調正則さんからは制作秘話などのお話しいただきました。

 

また、写真は一部を除き、今回お手伝いいただいたきもの写真家、岸千鶴さん撮影のものを使用しています(素敵な写真ぞろいで絞り切れず、いつもより画像が多めです)。

 

料理は『イェレナと学ぶセルビア料理』より、「スラヴァのごちそう」の章に掲載されたメニューを中心に、イースターにちなんだ卵料理もプラスしました。

イェレナの料理を忠実に再現するよう細心の注意を払うため、美食の国のセルビアでは当たり前に手に入るが日本では高価な食材を使用し、ふだんは最初からメニューに載せることを諦めている料理をつくるきっかけになりました。そのうえ、手順が慣れに流されてないかひりひりと神経を研ぎ澄ましたが、初心に返る有難い機会でした。

 

 オープン前に小田急線遅延の知らせをうけ、お客様の到着を案じる場面もありましたが、運よく開始時間のタイミングにほとんどのみなさまが到着。

ぱっと集まり、宴のあとは輪になって踊り春を祝い、さっと散って静寂が戻ったひとときの夢のような宵。

帰宅後もしばし余韻にひたりました。

 

続きを読む

Serbian Night @渋谷コラボカフェ Vol.7

おかげさまで3月のSerbian Night@渋谷も無事終了。

いろいろな場所で出張を重ね、渋谷に戻ってお客様に会うとほっとして「あぁ今月も頑張ったなぁ」と、リズムを感じるようになりました。いつもありがとうございます。

 

有難いことに満員御礼の今月も、リピーターとはじめてのお客様がほぼ半々。
4人掛け、2人掛けなどにすれば席数を増やせるのですが、テーブルを囲んだそれぞれが大皿から分かち合うスタイルは、さしずめ「同じ釜の飯を食べる」ようなもの。初対面のお客様たちが、もとからの仲間同士のように肩を寄せ合い帰っていかれる空気は、生まれなくなってしまいそう。

満員御礼が続くようになったら、席数ではなく回数を増やす方向で考えています。

 

 パンや肉のポーションサイズも、日本人にあわせて試行錯誤しましたが、現地のサイズで、というお声も高く、今年からバルカンサイズに戻してご好評をいただいています。

ですよね、そのほうが味がいい。つくった後から日本人サイズに切ればいいんだし。どうして先に気付かなかったんだろう(笑)

 

f:id:ladybug-noriko:20190404223839j:plain

新しくSerbian Nightのパンフレットもつくりました。

お客様の声と自分のやりたいこと、できることを重ねながら、これからも進んでまいります。

  

続きを読む

プライベート・シェフ出張

いままでも気仙沼セルビア料理を作ったことはあるけど、あのときは唐桑御殿『つなかん』に泊まり込みでお手伝いをしている間のことでした。今回は実質初めての泊りがけの出張へ。

 

きっかけは、ホームページ経由で「セルビア人のお客様をお迎えするにあたり、歓迎の意をこめたおもてなしをしたいので●●県まで出張願えますか」という趣旨のお問合せ。遠方のため冷凍便を先方で解凍調理いただくことも考えましたが、そもそもセルビア料理を見たことがない方にお送りしても、不親切なだけ。

 

初めての土地でしたが文面からとても大切な場であること、真摯なメールの対応もあり、旅費を負担いただけるのでしたら、ということでお引き受けしました。

急な依頼に不安もありましたが、ラキヤとアイヴァル、ヴェゲタがあれば何とかなるんじゃないかと、間違いのない範囲でできるメニューをお見積もり。

 

七つ道具をかついで行ってきました。

ご依頼主はセルビアへの旅行経験もお持ちで話が早く、セルビアンナイトのメニューブックとイェレナの料理本を元に当日メニューの微調整。

魚のスープを肉のスープに。野菜料理を一品増やし、会場の担当者と翌日の段取りを打合せ。

必要不可欠なスパイスなどは持参していましたが、それ以外の食材の仕入れにお付き合いいただき、翌日のランチの準備のめどがつきました。

あとは明日に備えて旅の疲れをとることに専念。早寝するに限ります。

 

会場は休業日の焼き肉店。

9時入りして、店舗のスタッフにもお手伝いいただき準備開始。

スープに使う肉は店のかたまり肉からメニューにあう部位を切り分けていただき、チェヴァピも遠赤外線の機器で焼くという、夢にもみたことがないような贅沢さ。

 

テーブルセッティングは、あえてお座敷席を、いつものように、でも、お箸を並べてセッティング。

日本人にも、セルビア人にも馴染みがありつつも、ちょっぴりエキゾチックな部分を残すように考えました。 

 

続きを読む

セルビア音楽祭2019 懇親会

3月15日は、WPTA JAPAN 国際ピアノ指導者連盟 日本主催「セルビア音楽祭コンサート Serbia Music Festival 2019」懇親会で料理を担当しました。

 

15時からの「おやつ時間」に「セルビアのおやつ」をというご依頼に、懐かしさをおぼえつつ(料理の仕事はシェアオフィスへの「火曜日のおやつ時間」からはじまりました)鎌倉ゆかりのケーキ皿や、大使館のバザーで購入したテーブルクロスを詰め込んで出張。

 

いつもはピリピリと緊張が走る調理と盛り付けの最終段階も、この日ばかりはヨハン・シュトラウスのワルツのリズムでなめらかに。

 

テーブルセッティングにはWPTAのイメージカラーでもある赤をメインに、ミニトマトを使ったデコレーションをというご依頼。

春らしく小花を活けたラキヤグラスを随所にちりばめました。

 

急きょコラボとなったe-food.jp 世界の料理さんのクグロフやカナッペとともに、何とかまとまりのあるアフタヌーンティーのテーブルに仕上げることができました。

 

続きを読む