Serbian Night & Lunch@鎌倉ソンベカフェ Vol.6

毎月第2㈬はSerbian Night & Lunch@ソンベカフェの日。

ひさしぶりのお天気に恵まれた2018年6月13日は梅雨の晴れ間。

 

絶好の紫陽花日和に、鎌倉をそぞろ歩くひとびとの波に

和服も混じります。

 

テラスに注ぐ日差しも気持ちよく

ソンベカフェの白い壁にセルビア国旗をばーんと掲げての

開店になりました。

 

 

今月は 民族舞踊団のポスターも掲示

さらにセルビア度アップです。

 

ランチメニューの写真も増やし、観光でいらしたお客様も入りやすい雰囲気に。

おかげさまで完売となりました。

 

メニュー:

セルビアのグルメバーガー(プチデザートつき) …1,000円
 (Pljeskavica/ 挽き肉のグリル or Cevapcici / 皮なしソーセージ)

・渦巻きパイのランチ(スープ・プチデザートつき)… 1,000円
 今月のBurek /渦巻きパイ

 

今月のバーガー:Pljeskavica(挽き肉のグリル)

 

今月のBurek(渦巻きパイ):挽き肉とベーコン

 

今月のスープ:ズッキーニのポタージュ

 

 

 

前日に今月のメニューを印刷しながらふと思い出したこと。

そういえばソムリエ試験に備え、歯を食いしばり

酔いを殺して受験勉強に励んでいた 10年ほど前は

いつか自分の店のワインリストをつくることが夢でした。

 

その頃はセルビアという地名が国なのか

どこにあるかも知りませんでしたが

しがみつかず、でも忘れず大切にしていれば

夢はいつか気づかぬうちに叶うもののなのかもしれません。

 

 

 【ワインリスト】特に国名の表示のないものはセルビア

 ・Rakija / ラキヤ
  Roza 2009 alc 42% Aleksandrović Winery  ¥600
    品種:ブドウ   アレクサンドロビッチワイナリー 
  Quince alc. 42%   Kovilj Monastery, Serbia ¥600
    品種:マルメロ  コビー修道院

  Slivovitz alc 40%   Imperian Winery    ¥ 600
    品種:プラム   インペリアン ワイナリー

・Crno Vino /赤ワイン
  Prokupac 2016    Ivanovic Winery    ¥800
    品種:プロクパッツ  イヴァノビッチワイナリー

・Belo Vino / 白ワイン
  Tamjanika 2016    Ivanovix Winery   ¥800
  品種:タミヤニカ     イヴァノビッチワイナリー 


・Roze Vino / ロゼワイン
  Finesa 2015     Aleksandrović Winery  ¥800
  (フィネサ)       アレクサンドロビッチワイナリー 
  品種:カベルネソーヴィニオン25%、メルロー25%、ピノノワール25%、カベルネフラン25%

  

一度食べたらみんな好きになるアイヴァルはお土産の定番となりました。

争奪戦になるので、在庫増やさねば。。。

 

【物販】

・Serbian Ajvar セルビア産パプリカペースト(オリジナル、唐辛子入り) ¥1,300
Honey はちみつ 小網代の森、 大仙養蜂園 ¥1,000

・Key Rings “Serbian Night de Boo” キーホルダー ¥1,000
・Magnets “Serbian Night de Boo” マグネット ¥1,500

・Postcards Serbian Folklore Costume はまぐり涼子画民族衣装シリーズ ¥ 150
・Guide Book 吉開裕子著 「誰ともかぶらないバルカンのあるき方」 ¥ 500

 

 

ディナーの打ち合わせをしながらまかない。

パンが売切れ、あわてて紀伊国屋バゲットを買いに走りました。

 

 

一年で一番陽の長いこの時期は、自然光でのディナーセッティングも気持ちよく。

 

 

 

(お客様撮影)

今月のゲストトークは旅行エッセイストの森優子さん。

シリアスなテーマもとっつきやすく。親しみのあるテーマは面白く。イラストと軽妙な語り、ユーモアに引き込まれ、目を丸くしたりクスクス笑っているうちに、遠い世界のように思えた出来事や国の話が、とても身近に感じられてくる必聴の熱いトークです。

 

鎌倉開催に毎月ゲストをお呼びするようになってから、民謡、ロマ、演歌、ときたらもう、満を持して森さんでしょ~という流れでの依頼でした。

 

森 優子(もり ゆうこ)
旅を愛するイラスト・エッセイスト。ガイドブック『地球の歩き方』などの編集ライターを経て93年独立、イラストも含めた執筆活動をスタート。モットーは「私の旅をしくじってたまるか」。

 

 森さんのトークショーに参加した際の観光記事↓
ゲストトークをはじめた昨秋の2周年記念イベントの報告記事↓ 

serbian-night.hatenablog.com

 

 

トーク前のカクテルタイムからこの盛り上がり。

わたしも早く料理を終わらせて混ざりたい!!

仕込みにいっそう熱がこもります(笑)

 

てきぱきと揚げ物。

 

かんぱーい。

今月のメニューは、発酵キャベツをシャキシャキ食べたいという森さんリクエストによる発酵キャベツの炒め焼き(Podvarak)と 、昨秋の2周年イベントでリクエストいただき実現しなかったケシの実ケーキを中心に組みました。

トークの合間合間で料理の説明も盛り込んでくださり、 感謝。

 


Marija Šerifović - Molitva (Serbia) 2007 Eurovision Song Contest

そして、今月のクライマックスはディナー半ばで披露いただいた

森さんをセルビアへ導いた運命の一曲

マリヤ・シェリフォヴィッチの「モリトヴァ」のアカペラでした。

 

「モリトヴァ」とは、セルビア語で「祈る人」という意味だそうです。

言葉はわからずとも深く心に響く歌声。

2007年ユーロヴィジョンの優勝曲だそうです。 

 

 

 【ディナーメニュー】

 

(お客様撮影)

 

(お客様撮影)
Homemade Ajvar 自家製パプリカペースト、Homemade Turšija 自家製ピクルス

 

(お客様撮影)

Čorba od tikvički ズッキーニのポタージュ

 

(お客様撮影)

Podvarak 発酵キャベツの温野菜(炒め焼き)

 

(お客様撮影)

Karadjordjeva snicla 王家のロールステーキ

 

Srpska proja コーンブレッド

 

(お客様撮影)

Kolač sa makom ケシの実ケーキ、Pita sa višnjama / サワーチェリーパイ

 

 

 

 

 

(お客様撮影)

 

ゲストの森さんをはじめ、ご参加のお客様、関係者の皆さま、

ありがとうございました。

 

どんどん濃くなるセルビアンナイト。

主催している本人もびっくりの、ここが日本とは思えない空間になってきました。

 

 

 

次回はランチが第2㈬の7月11日㈬、ディナーが第3㈬7月18日開催となります。

会場も異なりますのでご注意ください。

 

Serbian Night Café @鎌倉 ソンベカフェ

Serbian Night @渋谷 コラボカフェ

 

前日、当日キャンセルの場合はキャンセル料100%申し受けますので、悪しからずご了承くださいませ。

serbian-night.com



(お客様撮影)

 みなさまのおいでをお待ちしております。