Serbian Night @渋谷コラボカフェ Vol.12

おかげさまで7日に開催したVo.11に続き、8月2度めのSerbian Night@渋谷Vol.12も無事終了。

  

このお盆休みにバルカンを旅したばかりというお客様が、ベオグラードビアフェスTシャツでご参加。先月に引き続き、また別のお客様が京都からおいでになり、京都にもご縁を感じる昨今。しばらくおさまっていた旅の虫が疼きます。

 

今回のテーマは「夏」。

手の込んだ料理が多いセルビアンナイトですが、酷暑には暑苦しい。

 

ズッキーニとパプリカ、トマトなど、旬の野菜と自家製ベーコンを用い、シンプルなレシピでもバルカンならではの味わいがあることをお伝えしたいと、BBQとアイスクリームをメニューに組み込みました。

 

お席に余裕があった今回は盛り上がるか気がかりでしたが、会がはじまるとそんな心配は不要でした。

同席させていただき、お客様の旅の話や、バルカン地方をはじめとした外国での日本の武道の話などなど初対面にもかかわらず尽きぬ話題。

少人数ならではの密度の濃いトークで盛り上がりました。

 

 

会場はいつもの、渋谷駅から徒歩7分のコラボカフェ。青山通り沿い、イタリア専門旅行会社右隣の青山台ビル地下。急な階段を降りたつけ麺やさんの奥です。 

   

メニューは以下のとおり

◆Rakija / Serbian Brandy

Trijumf Grappa 2010 (alc 45%) Vinarija Aleksandrović
  グラッパ(品種:ブドウ) アレクサンドロビッチワイナリー

◆Vino / Wine

Belo Vino Pino Tamjanika 2017 Vinarija Ivanovic
  白ワイン(品種:タミヤニカ) イヴァノビッチ ワイナリー

 

Ajvar / ローストパプリカのスプレッド

Paprika sa sirom / パプリカとチーズのグリル

Pohovane tikvice / ズッキーニのフライ

Ražnjići od svinjskog mesa / 豚肉と野菜の串焼き

Lepinja / セルビアピタパ

Sladoled od lavande sa Plazmom / ラベンダー&クッキークランチアイスクリーム

Domaća kafa / トルココーヒー

 

Paprika sa sirom / パプリカとチーズのグリル

パプリカに溶き玉子とあわせたカッテージチーズを入れて焼くだけなのに、なんて美味しい!ピーマンに詰める地域もあるようです。

 

Pohovane tikvice / ズッキーニのフライ

ズッキーニに衣をつけて揚げたシンプルな付け合わせですが、ひとつ口にすると不思議とあとをひく一品。

はじめて食べるのに懐かしさを感じるのは何故だろう。。。と考えてみると、サツマイモの天婦羅に通じるホクホクとした野菜の食感と揚げ油の風味のコンビネーションが理由のようです。

お母さんが揚げるそばからつまみ食いをしていた、という、レシピを教えてくれたセルビア女性の思い出話も納得です。

 

Ražnjići od svinjskog mesa / 豚肉と野菜の串焼き

セルビアではラズニッチと呼ばれる串焼きは、下味のマリネ液に加えたパプリカパウダーやスパイス、ハーブからバルカンの薫を感じます。

 

 

Sladoled od lavande sa Plazmom / ラベンダー&クッキークランチアイスクリーム

Domaća kafa / トルココーヒー

Plazma(プラズマ)はセルビアで国民的人気のビスケット。

お土産でいただくことも多く、シンプルなものから全粒粉入りなど様々な種類があり、パウダー状に挽いてある製品は食材としても使われ、プラズマを使った料理を集めたレシピ本まで出版されています。

こちらのラベンダー&クッキーアイスクリームは、その”Plazmastičarnica”の掲載レシピより。セルビア産ラベンダーを煮だして香りづけをし、砕いたクッキーとホワイトチョコレートを加えて自家製ブルーベリージャムを添えて、お客様にも「トルココーヒーに溶けるチョコの甘さ、舌触りは絶妙」と、好評でした。よかった!

 

 PlazmaのHP(手に入らないときは森永のマリービスケットで代用しています)↓

plazma.rs

 

今回お客様が着ていらした元素記号で「Be Er Fe St(ビアフェスト)」と記された今年のベオグラードビール祭りの Tシャツ。

ワイン派なのでノーマークでしたが、相当楽しいようです。

 


【Beer Fest 2018】 最後は踊りまくる!セルビア・ベオグラードのビール祭り! 【セルビアちゃんねる】

 

 

 

今回のBGM↓

ウンザ・ウンザ・タイム


Emir Kusturica-Was Romeo Really A Jerk

 

Seribian & Japanese Music

アコーディオン・篠笛・ヴァイオリンで奏でるセルビアと日本の音楽


リンゴ追分 (Ringo Oiwake) 竹下史子 朱鷺たたら 【Japan x Serbia】

 

いつも気にかけてくださる皆さま、ご参加の皆さま、ありがとうございます。

 今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

★現在募集中

3週ごとを目安に会場の都合により㈪㈫㈬でスケジュールを組んでおり

次回は9月17日㈫の開催です。

serbian-night-shibuya13.peatix.com

また、直前にご予約が集中しますので、すでに参加を予定されている方は早めのお手続きが確実です。

 

 

 みなさまにお会いできることを楽しみにしております。 

serbian-night.com