セルビアワイン( Srpsko Vino)について③主な栽培ブドウ品種 1.白ブドウ

f:id:ladybug-noriko:20200912231452j:plain

 セルビアのブドウ品種についての調査にあたり「ブドウの品種を決定する際、人々は以前の経験に頼っていた。ブドウについての知識は口コミで伝えられることが一般的であったため、今日では誤りが見うけられる場合もある。文献を通じてブドウの品種を追跡することは、かなり難しい場合がある」との文章に出会い、激しく共感。。。

 この地域は文字資料の出現が遅く、口頭伝承の伝統が根強いことも背景にあるのでしょう。日本語による資料も乏しいなか、英語およびセルビア語版のWikipediaセルビア国内の果樹業者のページなど、できる限りの調べを尽くし、以下、セルビア国内で主要と思われる白ブドウ28種、黒ブドウ21種をとりあげた。

 土着品種および国内の交配品種については、歴史的な背景や品種の特性、ワインの特徴を記載した。国際品種に関しては、ほかの国でもそのワインを味わうことが可能なため写真とセルビア国内での名称、主要産地(わかる場合は)程度にとどめた。国際品種の場合は、同じ品種を国違いで飲み比べるのも一興である。

 

セルビアワイン(Srpsko Vino) について
①歴史
②気候・風土・土壌
③主な栽培ブドウ品種     
 1.白ブドウ         ←いまここ
 2.黒ブドウ
④ワインの産地と特徴
⑤ワインの法律と品種分類
番外編:
①セルビアのラキヤ(Srpska Rakija)について
②2015年9月セルビア(ラシュカ、修道院にて「アガペシロップ」づくり)

https://www.serbia.travel/files/30-4.jpg

 セルビアにおけるワイン製造の技術は、紀元200年頃にローマ軍によってヴォイヴォディナ地域にもたらされた。ドナウ川流域はローマ帝国の歴史上、守りの要衝地として駐屯地が置かれ、兵士や入植者へのワインの安定供給のためにブドウ栽培を行ってきた。中世のセルビアでは王家と正教会がワインづくりを奨励した。夏は暖かく、冬は非常に寒い大陸性の気候と砂質の肥沃な土壌を生かし、ワインは人々の間で真の国民的飲料となった。
 アルコールを禁ずるオスマン帝国の時代にワインづくりは途絶えかけたが、19世紀の王国時代に黄金期を迎えた。1945年以降の旧ユーゴスラヴィア時代には国営の大規模農園でブドウの大量生産が行われた。世界の10大産地にも選ばれたが、限られた品種のみの栽培が行われ、多くの土着品種がこの時期に姿を消した。19世紀後半から20世紀初頭にかけてフィロキセラ(ブドウネアブラムシ)が繁殖し、土着品種は絶滅に瀕したが、オーストリアハンガリーから近代的な技術をとりいれ、ワイン産業は黄金期を迎えた。

http://www.serbia.com/wp-content/uploads/2015/11/Raja%C4%8Dke_pjac_kod_Negotina_17.jpg

 20世紀末のユーゴスラヴィア崩壊により産業はふたたび衰退したが、2000年以降の品質重視の小規模生産者の増加により、あらたな成長のきざしを見せている。2019年の年間約425,000tのワイン生産量は世界15位である。

 現在、50種類以上のブドウが栽培されている。赤白ロゼあわせて700種類以上のワインが製造されており、手ごろな値段で楽しめるテーブルワインが多い。近年はわずかに残った土着品種への注目が高まっている。品種の特徴の特定や、ブレンドに対するプロジェクトが発足しており、プロクパッツ(Prokupac)がその中心である。ワインを長期保存する文化がなく、ほとんどのワイナリーは市場の需要とキャッシュフローのためにワインを早期に販売する必要があり、長期熟成に関するデータが不足している。品種の多様性と熟成の効果を示すことができれば、品質の信頼性の確立に役立つであろう。

 

https://serbianwineguide.com/wp-content/uploads/2015/11/sortezasadjene.jpg

Serbian Wine Guideより

2020年品種別生産順位
1位:リースリング・イタリコ(Riesling Italico)
2位:マルベック(Malbec)
3位:カベルネ・ソーヴィニョン(Cabernet Sauvignon)
4位:シャルドネ(Chardonnay)
5位:ライン・リースリング(Rijn Riesling)
6位:ムスカット・ハンブルグ(Muscat Hamburg)
7位:プロクパッツ(Prokupac)
8位:ソーヴィニョン・ブラン(Sauvignon blanc)
9位:ブラウ・フランキッシュ (Blau Fraenkisch)
10位:ジュプリャンカ(Župljanka)
11位:スメデレヴカ(Smederevka)
12位:ヴラナッツ(Vranac)

 

 生産割合は、白ブドウ65%に対し、黒ブドウは35%。白ブドウは①リースリング・イタリコ(Riesling Italico)、④シャルドネ(Chardonnay)、⑤ライン・リースリング(Rijn Riesling)、⑧ソーヴィニョン・ブラン(Sauvignon blanc)などの国際品種のほか、主な土着品種は⑪スメレデヴカ(Smederevka)、タミヤニカ(Tamijanika)、ムスカット・クロカン(Muskat krokan)など。
 黒ブドウは国際品種の②マルベック(Malbec)、③カベルネ・ソーヴィニョン(Cabernet Sauvignon)、⑥ムスカット・ハンブルグ(Muscat Hamburg)をはじめ、土着品種の⑦プロクパッツ(Prokupac)、⑨ブラウ・フランキッシュ (Blau Fraenkisch)、⑫ヴラナッツ(Vranac)など。また、稀少なタミヤニカの黒(Tamijanika Crkvena)もネゴティンで栽培されている。
 また、国内で新しく交配された⑩ジュプリャンカ(Župljanka)、プロブス(Probus)、ネオプランタ(Neoplanta)、モラヴァ(Morava)などの品種も有望である。(品種名の頭の丸が囲みの数字は2020年度の生産順位)

 

【白ぶどう】

セルビアの土着品種

 https://dbprodukt.com/wp-content/uploads/2018/10/smederevka-458x458.jpg

DB PRODUCT

1.スメレデヴカ(Smederevka)

= プロヴディーナ(Plovdina)

主な産地:バナト、ベオグラード、ネゴティン渓谷、クニャジェヴァッツ、シュマディヤ、ユジュニバナト

 紀元前3世紀ローマ皇帝マルクス・アウレリウス・プロブス(Marcus Aurelius Probus)の治世中に、ドナウ川の右岸スメデレヴォ(Smederevo)近郊にあるモンス・アウレウス(Mons Aureus)で栽培が始まったことに因み名付けられた。ユーゴスラビア社会主義時代に大規模な工業用ワイナリーで生産が行われ、よく冷やして炭酸水で薄め、なかば水代わりに飲む「シュプリッツェル(špricer)」に最適な軽い夏のワインとして人気がある。
 果実は黄緑色の大粒の楕円形で、日当たりが良い場所では琥珀色になる。収穫時期は10月。心地よい味と香りの、上質で軽くてフレッシュなワインの生産に使用される。おもにテーブルワイン用の土着品種とされ、ウェルシュリースリング(Welschriesling)とブレンドされることもある。よい年には、バニラを連想させる淡い黄色のワインとなる。近年では、品種の可能性が見直され、2008年に全米ソムリエ協会SERSAの後援の下で開催されたグランドテイスティングでは、「土着品種から作られた最高の白ワインのトロフィー」が授与された。

 

http://grozd.rs/images/sadnica-tamjanika.jpg

Sadnice vinove loze

2.タミヤニカ(Tamjanika)
=タミヤニカ・ベーラ(Tamijanika Bela)

主な産地:ネゴティン渓谷、スレム、トリモラヴェ

 南フランス原産のマスカットの変種で、セルビアでは500年以上前から栽培されている。熟すと数メートル先からでも感じる強い香りから、Tamijan(乳香)にちなんで名付けられた。果実は中程度の大きさで黄緑色の厚い皮を持つ。 収穫期は9月中~下旬。シナモン、ニワトコ、バジル、パイナップル、イチゴの的な香りを持つ。

 

http://grozd.rs/images/sadnica-muskat-krokan.jpg

Sadnice vinove loze3

3.ムスカット・クロカン(Muskat krokan)

 主な産地:スレムスキ・カルロヴツィ(Sremski Karlovci)の「ビセルノ・オストロヴォ(Biserno ostrvo)区画」のみ

 この品種によるデザートワインのベルメット(Bermet)には、20種類以上のハーブとスパイスを加えられ、独特の芳醇さと濃い黄金色が出ることで知られる。
 マスカットクロカンは、スレムスキ・カルロヴツィ(Sremski Karlovci)の地域の伯爵であり領主であるリポット・ロホンチ(Lipot Rohonczy)によりフランスから紹介された(一説によると、アルジェリア賭けに買って新芽を受け取ったとも言われている)。いくつかの場所に植えられたが、ビセルノ・オストロヴォ(Biserno Ostrvo「真珠島」という意味)と呼ばれている区画でのみ根づいたといわれている。地所の一部に、現在も存在する小さな城とワインセラーを建て、息子のギデオン・ロホンチ(Gedeon Rohonczy)はブドウ栽培とワインの生産を続けた。当初は自家用と特別な贈り物に限定されていたが、後にマスカットクロカンの名前で販売したワインはブダペスト、ロンドン、その他のヨーロッパ市場で販売され人気を博した。第二次世界大戦後、この財産はロホンチの相続人から没収され、「ソコラック」がブドウ畑を継承し、政治家に愛された。

  

http://serbianwineguide.com/wp-content/uploads/2015/12/Kreaca.jpg

Serbian Wine Guide

4.クレアカ(Kreaca)

=バナト・リースリング(Banat Riesling)

=バナツキ・リーツリング(Banatski Rizling)

主な産地:バナト、ユジュニバナト

 テーブルワインや、ブレンド用の辛口白ワイン用ブドウ。多用されていた時期があるが、現在の生産は減少傾向にある。

 

国内の交配品種

https://dbprodukt.com/wp-content/uploads/2018/10/zupljanka.jpg

DB PRODUCT

5.ジュプリャンカ(Župljanka)

主な産地:バナト、スレム、ユジュニバナト

 プロクパッツ×ピノ・ノワールの交配種。

果実の収穫時期は9月中旬。粒は中程度の大きさの楕円形で、緑がかった黄色の粒が茶色の斑点で覆われている。高い糖度と豊かな酸を持つ。ワインは上質で、アルコール度数は13%。淡い緑がかった黄色の爽やかでリンゴ酸を強く感じる果実味が豊かなワインとなる。

 

http://grozd.rs/images/sadnica-sila.jpg

Sadnice vinove loze

6.シーラ(Sila)

主な産地:スレム

ケビディンカ(Kevidinka)×シャルドネの交配種。

ワインは軽く心地よい味わい。やわらかく調和の取れたシャルドネの香りを持つ有望な品種。

 

http://grozd.rs/images/sadnica-petra.jpg

Sadnice vinove loze
7.ペトラ(Petra)

 クンバラ(Kunbarat)×ピノ・ノワールの交配種。
糖度が高く、非常にはっきりとした上質なマスカットの香りを持つ。収穫期は9月中旬。ナチュラルでやや甘口の白ワイン。
 

http://grozd.rs/images/sadnica-morava.jpg

Sadnice vinove loze
8.モラヴァ(Morava)

ラインリースリング×土着品種の交配種。
果実は小粒で緑がかった黄色。収穫時期は9月下旬。マイルドで豊かな酸味を持つ高品質の白ワイン。

 

http://grozd.rs/images/sadnica-neoplanta.jpg

Sadnice vinove loze
9.ネオプランタ(Neoplanta)

主な産地:スレム

スメデレヴカ(Smederevka)×トラミーナ(Traminac)の交配種。
果実は中型の楕円形で黄緑色。高品質の白ワイン。
 

 

http://grozd.rs/images/sadnica-panonija.jpg

Sadnice vinove loze

10.パノニア(Panonia)

ラインリースリング×土着品種の交配種。
果実は小粒でマ丸く、緑が買った黄色。マイルドな風味の白ワイン。
 

 

http://www.poljoberza.net/casopisi/revijaselo/images/123_2_2.gif

Poljoberza.net

11.コスモポリタ(Kosmopolita)

Cserszegi füszeres × Kristaly の交配種。
ハンガリーセルビアの共同研究で作成された。果実は丸いピンク色で、皮は厚い。収穫期は8月中旬。繊細なナツメグの香りを持つ上質な白ワイン。

 

http://www.rasadnikdionis.rs/media.rasadnikdionis.rs/2016/10/bagrina.jpg

DIONIS

12.バグリーナ(Bagrina)

主な産地:ネゴティン渓谷

 セルビアブルガリアルーマニアで栽培された非常に古いバルカン品種。ネゴティン渓谷のいくつかの古い畑の砂地の斜面で忘れられかけていたが、近年の土着品種の見直しにより再発見された。 

  

中央ヨーロッパの土着品種

 http://serbianwineguide.com/wp-content/uploads/2017/05/grasevina.jpg

Serbian Wine Guide

13.リースリング・イタリコ(Riesling Italico)

=ウェルシュリースリング(Welschriesling)

=グラシェヴィナ(Graševina)

=グラサック(Grašac)

=ラスキ・リースリング(Laški Rizling)

=イタリアン・リースリング・ブーヴィエ("Italian" Riesling bouvier)

主な産地:ネゴティン渓谷、スボティツァ、スレム、トリモラヴェ、バナト、クニャジェヴァッツ、ユジュニバナト

 旧ハプスブルグ帝国圏内の中央ヨーロッパで多く生産されている。果実は肉厚な小粒でしっかりとした黄緑色。 収穫時期は9月下旬。ワインは緑がかった黄色で、軽くさわやかで調和のとれた味わいを持つ。

 

http://serbianwineguide.com/wp-content/uploads/2017/05/moslavac.jpg

Serbian Wine Guide

14.フルミント(Furmint)

=モスラヴァッツ(Moslavac)

=シポン(Shipon)

 中欧および東ヨーロッパで主に生産されている。ハンガリーのトカイに使用される品種として有名である。豊かな香りと高いアルコール度数が特徴で熟成に適している。

 

http://www.magyarkerteszek.hu/files/termekek/157/feher_borszolo.jpg

15.ディンカ(Dinka)

=コヴィディンカ(Kövidinka)

=ルジツァ・ツルヴェナ(Ružica Crvena)

=ディンカ・ルージュ(Dinka Rouge)

主な産地:ヴォイヴォディナ

 セルビア北部からハンガリーにかけた地域が原産。フィロキセラの流行後は古い家族農園でのみ栽培されている。果実は緑がかった赤で酸性度が低い。収穫期は10月の後半。ワインは軽くて柔らかく、心地よいアロマを持つ。他の品種ブレンドされることが多い。

 

http://www.danyikronika.hu/files/images/mezesfeher.preview.jpg

16.メーゼス・フェーヘル(Mézes Fehér)

 かつて中央ヨーロッパで広く普及し、主に混合栽培で栽培されていた。メーゼス(Mézes=ハンガリー語で「蜂蜜」)という名前は、ブドウの糖度の高さに由来していると考えられるが、ハンガリーでは現在はほとんど栽培されていない。たいへん甘い白ブドウで、オレンジワインもつくられている。

 

https://cdn.shortpixel.ai/client/q_glossy,ret_img/http://balkanwineproject.com/wp-content/uploads/2015/02/zilavka1.jpg

Balkan wine project

17.ジラヴカ(Žilavka)

主な産地:シュマディヤ

 ボスニア・ヘルツェゴビナ原産。かつては旧ユーゴスラビア全体でブレンド用に広く栽培されていた。現在は単一の品種として瓶詰めされている。

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/df/Noah_grape.jpg/220px-Noah_grape.jpg

Otelo - Wikipedia

18.オテロ(Otelo)

 テーブルワインやジュース、ワインの生産に使用される白ブドウ品種。カビ、黒腐病、およびフィロキセラに耐性を示し、台木としても使用される。
皮がむけやすく運搬に適さないため、小規模な生産者が限られた地域でのみの販売を行っている。

 

https://www.rasadnik-milic.hr/wp-content/uploads/2017/01/PLEMENKA-BIJELA-1.jpg

19.プレメンカ(Plemenka

主な産地:スレム、シュマディヤ

テーブルワイン用の歴史ある品種。 

 

http://grozd.rs/images/sadnica-muskat-otonel.jpg

Sadnice vinove loze

20.ムスカット・オトネル(Muscat otonel)

主な産地:バナト、ユジュニバナト

 ハンガリー原産。果実は丸い小粒で、黄緑色。収穫期は9月中旬。他の品種の味と香りを補完するためにしばしばブレンドされる。熟成が早く、見た目も香りも良いため、産地の市場で食用としても販売されている。

 

http://mariniranje.rs/wp-content/uploads/2020/04/Mariniranje-4-my-garden-by-Mike-Kiley-on-Pixabay.jpg

MARINIRANJE - Autohtone sorte 3 

21.スレムスカ・ゼレニカ(Sremska Zelenika)

主な産地:スレム

 19世紀初頭にスレムで栽培がはじまった。柑橘類と花の香りを持つ果実味豊かな白ワイン。

  

国際品種

https://dbprodukt.com/wp-content/uploads/2018/10/chardonnay-458x458.jpg

DB PRODUCT

22.シャルドネ(Chardonnay)

主な産地:クニャジェヴァッツ、ネゴティン渓谷、シュマディヤ、スボティツァ、トプリカ川流域、スレム、トリモラヴェ、バナト、ユジュニバナト
フランス(ブルゴーニュ)および世界各地

 

https://dbprodukt.com/wp-content/uploads/2018/10/grozde-rajnski-rizling-458x458.jpg

DB PRODUCT

23.ラインリースリング(Rijn Riesling)

=フルシュカ・ゴーラ・リースリング(Fruška Gora Riesling)

=リースリング(Riesling)

 主な産地:スレム、スボティツァ、ユジュニバナト
ドイツ、フランス(アルザス)および世界各地

  

http://grozd.rs/images/sadnica-sauvignon-blanc.jpg

Sadnice vinove loze

24.ソーヴィニョン・ブラン(Sauvignon blanc)

主な産地:クニャジェヴァッツ、ネゴティン渓谷、シュマディヤ、スボティツァ、トプリカ川流域、スレム、トリモラヴェ、ベオグラード
フランス(ボルドー、ロワイヤル)および世界各地

 

https://www.oregonwines.com/wp-content/uploads/2017/10/semillon.jpg

25.セミヨン(Sémillon)

主な産地:ベオグラード、ネゴティン渓谷、シュマディヤ、スレム、
フランス(ボルドー)および世界各地

 

https://www.austrianwine.jp/fileadmin/_processed_/d/2/csm_SauvignonBlanc1_8ea7fcbcfa.jpg

26.トラミナック(Traminac)

=トラミーナ(Traminer)

=ゲヴェルツトラミネル(Gewürztraminer)

主な産地:シュマディヤ、スレム、スレム、ベオグラード、ユジュニバナト
フランス(アルザス)、ドイツ、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド南アフリカ
 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/b3/Pinot-blanc.jpg/220px-Pinot-blanc.jpg

Pinot Blan - Wikipedia

27.ベロ・ブルグンダック(Belo Burgundac)
=ブルグンダック・ベリ(Burgundac Beli)
=ピノ・ブラン(Pinot Blan)
=ピノ・ビアンコ(Pinot Bianco)

 主な産地:シュマディヤ、スボティツァ、バナト、ユジュニバナト
フランス(アルザス、ジュラ)、ドイツ、イタリア、スイス、アメリ

 

https://wine-journal.net/wp-content/uploads/2019/03/Pinot-Gris-Homepage.jpg

Pinot Gris - Wikipedia

28.ピノ・グリ(Pinot Gris)

主な産地:スボティツァ、トプリカ川流域、スレム、トリモラヴェ
フランス(アルザスサヴォワ)、ドイツ、イタリア、オーストラリア、ハンガリー

  

 

②気候・風土・土壌 に戻る

③主な栽培ブドウ品種 2.黒ブドウ に続く

 

参考:

 

『SOUL FOOD SERBIA』セルビア観光局

セルビア 心のリズムで生きる』セルビア観光局

『ワインの世界地図-56カ国92地域のワイン産地の歴史と現在-』

日本ソムリエ協会教本 ソムリエ・ワインアドバイザー・ワインエキスパート2006』

『セルビアを知るための60章』

『バルカンを知るための60章 第2版』

Vinogradarstvo i vinarstvo Arhive - Ministarstvo poljoprivrede, šumarstva i vodoprivrede

Serbia.com

Serbian Wine Guide

Serbian Wine Experience

What You Need to Know About Serbian Wine

Serbia: Europe’s secret wine country

Republic of Serbia The Intellectial Propety Office

FARM WITH SCIENCE

СВИЛЕН КОНАЦ SILKEN THREAD

Crvena vina Balkana - Wikipedia

Serbian wine - Wikipedia

Christian views on alcohol - Wikipedia

Sacramental wine - Wikipedia

Ancient Rome and wine - Wikipedia

Geography of Serbia - Wikipedia

Pannonian Basin - Wikipedia

Pannonian Sea - Wikipedia

Košava (wind) - Wikipedia 

Wine-Sercher

Made in Serbia | JancisRobinson.com

Jedinstvena sorta grožđa i vina “muskat krokan” lako može da nestane!

Dvorac Gedeona Rohoncija na Bisernom ostrvu

Balkan Wine Project

Muskat krokan - Biser bisernog ostrva - poljoprivreda.info

vinopedia

DB PRODUCT

Sadnice vinove loze

60 YEARS OF PLANT BREEDING RESULTS OF THE WORK ON CREATING
NEW GRAPE VINE VARIETIES AND CLONES

 Bagrina – Danube Valley wine secrets

serbian-night.com