「新フランスワイン」~Bible of Wine Ⅱ


暖冬のせいか、ベランダのカベルネ・ソーヴィニヨンはまだまだ活き活きとしています。


でも、シャルドネは葉を落として冬眠中。

新フランスワイン (1985年)

新フランスワイン (1985年)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 柴田書店
  • 発売日: 1985/02
  • メディア: -
 

 

いま読んでいるのは「新フランスワイン」。
著者はロシアに生まれ、学生時代をパリで過ごし、禁酒法後のアメリカでフランスワインを紹介し、輸入販売からついにボルドーのシャトーでワインづくりまではじめてしまったアリクシス・リシーヌです。訳は山本博氏。著者が経営するメドックの4級シャトー・プリュレ・リシーヌのワインが飲んでみたくなりました。
1985年の本で、その当時の内容に基づいている為に最新事情ではありませんが、フランスワインが好きな人ならば、すごーく面白い本。
いまボルドーを読み終わり、これからブルゴーニュです。
私は古本屋さんでめぐり会いましたが、Amazonでもマーケットプレイスで手に入るようです。


 

ポケット・ワイン・ブック 第6版

ポケット・ワイン・ブック 第6版

  • 作者: ヒュー・ジョンソン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2005/06/23
  • メディア: 単行本
 


バッグにいつも入っているのは、友達に頂いたヒュー・ジョンソンのポケットワインブック。フランスをはじめ、イタリア、ドイツ、スペイン、ポルトガルシェリー・ポート・マディラ、スイス、オーストリア、その他ヨーロッパ諸国、アジア、北アフリカ、北アメリカ、南米、オーストラリア、ニュージーランド南アフリカまで網羅されています。
私の持っているのは2007年の英語版288ページ。文庫本より少し縦長のまさしくバイブルサイズ。当たり年や飲み頃まで書かれているのでとても便利です。酒屋さんに行って迷ったときにちょこっと見ることもできますが、店内でやると危険人物かな(笑)


愛読しているのは「料理通信」と「ワイナート
ELLEの全員プレゼントに応募して、グルメ日記を貰ったので来年はつけてみようかな。


一年間てんとうむしの食いしん坊日記におつきあいいただきありがとうございました。
来年もひきつづき撮って呑んで食べてアップします♪
それではみなさま、よいお年をお迎えください。