ワイン覚え書き

ステップアップクラス(ビオワイン)

「ビオワイン」とは無農薬有機農法ブドウでつくったワインのことで、ビオロジックワイン(Biologic Wine)とビオディナミワイン(Bio-Dynamic Wine)の二つに分類されるそうです。 ガーデニングは化学肥料より木酢液を使い、生協と有機野菜の宅配を利用しするタ…

ステップアップクラス(シャンパーニュ)

待ち遠しかったシャンパーニュのテイスティング。 気持ちよく酔っ払って、帰り道から友達に予告編メールしてしまった。 ちなみに、炭酸ガスの効果で泡の出るお酒のほうが酔いが早いことは医学的に証明されているそうです(笑) 5種のテイスティング。 左か…

ボージョレイ・ヌーボー

11月の第3木曜日はボージョレイ・ヌーボーで有名なフランスの新酒解禁日。 ブルゴーニュの白、マコンの白、コート・デュ・ローヌのロゼ・赤、トゥーレーヌ、アンジューの赤なども解禁されますが、ボージョレイの知名度は他を圧倒していますね。 フレッシュ…

ステップアップクラス(ブルゴーニュ)

秋の講座がスタート。 試験対策から離れて、講師も生徒も純粋な気持ちで臨みます。 テイスティングだって、もう吐き出さないよ。 みーんな飲み干しちゃう。 とても人気があるけれど・・・・ピノ・ノワールは積極的に選ぶ銘柄ではない。 でも、この頃は少し良…

ぶどうのバッヂ

首を長くして待っていたぶどうのバッヂ。 本日届きました。

巨大なボルドーのボトル@合格祝賀会

スクールの祝賀会での抜栓の実技は巨大なボルドーのボトル!!! 5リットルのボトルの名称は教本にもなかった。 やっぱり、本の知識だけでは現実に追いつけない・・・・ Jeroboam(5,000ml)とImperial(6,000ml)の間。 何という大きさでしょう? ==== コ…

秋は読書も

仕事は消耗戦。。。。 通勤電車は現実逃避の甘い時間。 "Sideways"は読み終わりました。 独身生活最後の一週間を、カリフォルニアのワイナリー巡り&ナンパ旅行をする男性二人組みの話。なかなか面白かったデス。主人公を誘惑する女性の切り札がラターシュと…

Bible of Wine Ⅰ

神奈川県内ではありますが、記憶の中の父の実家は果樹園と田畑に囲まれた農家。母方の従姉妹といつも遊んでいたのは一升瓶と米袋が積み重ねられた酒屋の倉庫。精米機から出てくる米ぬかの山が砂場替わり(笑) 大人になって「理想だ!」と感じたのはDASH…

リースリング覚え書き

リースリングというのは、ドイツやフランスのアルザスなど冷涼な気候の産地でつくられるワイン用の白ブドウ品種です。 オレンジの果実の花や黄色い種類の花などの華やかな香りを中心として、黄桃やトロピカルフルーツのような香り(パイナップルの缶詰のシロ…

3000円で買える幸せ

仕事で脳みそがオーバーヒートしそう。 クールダウンに出かけた酒屋さん巡りのパトロール。 「うんちく会」のワインは何にしようかなぁ・・・・ ソーヴィニヨン・ブランが飲みたいよねぇ と、思いながらふらっと立ち寄ったエノテカで見つけました。 BARONNE …

日本のブドウ

これは甲斐路。 母が好きだったブドウ。 勝沼ではワインもつくってます。 これはソムリエ教本にも載っているマスカット・ベリーA。 川上善兵衛氏が昭和2年にベリー種にマスカット・ハンブルグ種を交配してできた品種。 病害虫に強く、醸造方法を工夫するこ…

認定登録申請

合格通知から、一夜あけて。 人事に資格取得の報告をしました。 エキスパートだから正式に登録されるかはわからないけど。 でもま、第一歩ってことで(^^ ==== 職場の友達にも合格を報告♪ っていうか、合格証を見せびらかし(笑) そうしたら思いがけず 「じ…

合格っ!

みなさま、ありがとうございました。 おかげさまで、合格です!

"Sideways"を読みながら

仕事が一段落したので久し振りに家でゆっくりしたいなぁ・・・・との誘惑に打ち克って、出席できなかった分の二次対策講座の振替に出席してきました。 でも、緊張感ゼロ。 スクールまでの道で曲がるところを一本間違えちゃったりして(笑) コメントはいいセ…

ソムリエ資格試験

試験勉強の追い込みの合間、気分転換がてら牛乳を買いにいく途中眺めた空。 不思議な雲の色でした。 ==== 空を眺めながら、自分の可能性に挑戦できる幸せが湧き上がってきました。 家族や友達、職場の仲間、後輩たち、そしてブログでいつもコメントをくれる…

ソムリエ資格試験対策講座(最後の授業)

最後の授業でもいつもと同じに、おだやかに、そして厳しくご指導くださる先生。 わたし全然ダメでした。 試験終了後のお食事会にニコニコ参加できるよう、がんばりますぅ。。。。。。。

テイスティングブックのつくりかた

二次のメインはテイスティング。 どちらかといえば、「細かいことはわからないけど、味はだいたいわかるのよ」というタイプなのですが、完璧というわけではない。どうしても得手不得手はでちゃう。 夕べはいままでのテイスティングシート総まとめ。 尊敬する…

Killer Queen

社員旅行でモエを開けたらベロベロに酔った後輩が"Killer Queen"を歌ってくれたので、今日のBGMはクイーンにしましょう。 She Keeps Moet et Chandon In her pretty chabinet 'Let them eat cake' she says Just like Marie Antoinette ==== クイーンが歌…

ガリ勉休暇

口頭試問が不安なので、ガリ勉休暇を取得。 姉がちいさなギャラリーで開いている個展の期間と重なっているのですが、顔をだす余裕があるかなぁ・・・ ごめんなさい・・・・ みなさまのところへ伺うのも少し遅れ気味になると思います。

ただいまー

社員旅行で熱海へ。 大宴会やってまいりました。 ビールでお酌、ご返杯。 自分のペースで飲めないからきびしいわ。 2次会は試練のカラオケ中宴会。 手拍子うって、またビール。 ==== 3次会でようやくワインを口にすることができました。 現場から差し入れ…

追い込みっ・・・

うぅぅ・・・急な仕事がはいり、気がついたら7時をまわってる!! スクールを断念して、家で追い込み。 またまた過去問にしがみつくのです。。。。

呑んでます~二次対策とバルバレスコ

昨夜イタリアンレストランのパーティーで飲んだのは'78のバルバレスコ。 抜栓したスタッフも今回のソムリエ認定試験1次に合格したんですって。 みんなの前でのプレゼンテーションはいい2次対策ね。 肝心のバルバレスコのお味のほうは、うーん、初めて口に…

ワイン会@元町(第二次試験対策・第2弾)

先日地元で決行したプチワイン会の第二弾のご報告を忘れていました。 いつにも増してボケボケ写真が多いけど、ご容赦くださいませ。 今回のワインは当初予定していたこの6本 2004 ヴィレーヌ・ブルゴーニュ・アリゴテ 2003 ヒューゲル・アルザス・リースリ…

一次試験合格

おかげさまで一次試験に合格しました。 二次試験まであと10日。 ただの酔っ払いから「詳しい酔っ払い」になるために、もうちょっと頑張ります(笑)

ワイン好きにはたまらない小説 * 双頭の鷲

久し振りに読むテキストやワイン雑誌以外の本。 といってもフランスが舞台の佐藤賢一氏の小説。 ワイン好きにもたまらない小説です(^^ それはボルドーがイギリス領だったころのお話。 フランスが小国に分かれていて、土地を治める貴族たちはイギリス王太子派…

ワイン会@元町(二次試験対策・第1弾)

昨夜は地元でワイン会。 19時スタートなのに、気づけば「終電がなくなっちゃーう」とまた青くなって帰る学習能力のないヤツでした。 ワインはハーフボトルを6種類。 フランスの貴婦人が勢ぞろいでした。 ==== 2004 ドメーヌ・エチェンヌ・ドールニー・サ…

まずは乾杯!

試験が終わりました。 一次の結果がわかるまで束の間の解放感を満喫しましょー・・・ということで帰りに乾杯。 「シャンパーニュを3つ」というオーダーの仕方から怪しい3人組。 そしてグラスをあわせた後、まず鼻を突っ込み香りを嗅ぐ(笑) アタシタチ ア…

ソムリエ資格試験対策講座(ワインの購入、管理と販売)

本日は「優秀なワイン販売者」となるための講義。現地での買いつけから輸入後店舗に至るまでの商品の流れ、決済の種類、節税の方法、保管方法などなどから原価計算、営業面積あたりの売上の算出までもが。 後半は得意分野なので出題は多いほうが嬉しいのです…

ソムリエ資格試験対策講座(コート・デュ・ローヌの復習)

きょうはコート・デュ・ローヌの復習。 ローヌ地方は美食で有名であり、つくられるワインもボルドーやブルゴーニュにひけをとらないそうです。 しかしながらネームバリューではそれらの地方に及ばないうえ、生産量の制限もそれほど行っていない為コストパフ…

おうちワイン

今年の夏も暑くなりそう。 いままでは極力買い置きをさけていましたが、今年は長期熟成タイプのワインが押入れに数本あり、最高気温が30度を超える日は仕事をしていても気が気ではありません。 で、買っちゃった。ワインセラー。 ==== 上段にバニュルスとソ…