ワイン覚え書き

セルビアワイン( Srpsko Vino)について⑥参考書籍・参考サイト 

ひと月あまり没頭していたセルビアワインのブログも、おかげさまで、ようやく最終章を迎えることができました。 セルビアワインの系統立った情報が日本語で公開されていることに意味があると信じ、テキストとして売り手に必要な内容を網羅しました。インポー…

セルビアワイン( Srpsko Vino)について⑤ワインの産地と特徴 2.ヴォイヴォディナ地域、コソヴォ地域

セルビアワイン(Srpsko Vino) について①歴史②気候・風土・土壌③主な栽培ブドウ品種 1.白ブドウ 2.黒ブドウ ④ワインの法律と品質分類⑤ワインの産地と特徴 1.セルビア中央地域 2.ヴォイヴォディナ地域、コソヴォ地域 ←いまここ⑥参考書籍・参考サイト番外編:…

セルビアワイン( Srpsko Vino)について⑤ワインの産地と特徴 1.セルビア中央地域

セルビアでは、地理的な位置と気象条件により、国のほぼすべての地域でブドウ栽培が可能である。ワイン産地は1970年代に9つの地域と、それぞれいくつかの地区に分類されていた。2013年の原産地呼称の制定と産地の再分類により、22の地方(Rejonizacija)が定…

セルビアワイン( Srpsko Vino)について④ワインの法律と品質分類 

年初の抱負は「今年はワインに力を入れる!」でした。この一ヶ月はセルビアワインの独学で明け暮れ過ぎゆく。まさかセルビアの法律と格付けを原語から学ぶことになるとは。飲み比べのワイン会を計画し、仕入れの種類も増やしていました。コロナ禍により抜栓…

セルビアワイン( Srpsko Vino)について③主な栽培ブドウ品種 2.黒ブドウ

セルビアで栽培されているワイン用ブドウの65%は白ブドウ、残りの35%が黒ブドウである。セルビアのブドウ畑もヨーロッパの他の地域と同様、フィロキセラ(19世紀にアメリカからの苗に寄生してきた、ブドウの根を食い荒らす虫)の被害により根絶の危機に瀕…

セルビアワイン( Srpsko Vino)について③主な栽培ブドウ品種 1.白ブドウ

セルビアのブドウ品種についての調査にあたり「ブドウの品種を決定する際、人々は以前の経験に頼っていた。ブドウについての知識は口コミで伝えられることが一般的であったため、今日では誤りが見うけられる場合もある。文献を通じてブドウの品種を追跡する…

セルビアワイン( Srpsko Vino)について②気候・風土・土壌

Serbia com. Dragoljub Zamurović – Serbia, life and customs 主題の「ワイン」からは少し離れてしまいますが。パプリカの実りで真っ赤に染まる大地の写真を目にするたびに、セルビアのこの土壌の豊かさの秘密は何だろう・・・と、常々頭をひねっておりまし…

セルビアワイン( Srpsko Vino)について①歴史

今年の夏が、いつもと同じ夏であれば8月の終わりから9月のはじめにかけ、セルビアでワインとラキヤの収穫と醸造について学ぶ予定でした。Covid-19の影響により、あいにく「ステイ・ホーム」の夏となりましたが、日本で調べられる限りの情報で学びを重ねて…

セルビアのラキヤ(Srpska Rakija)について 

セルビアワイン(Srpsko Vino) について①歴史②気候・風土・土壌 ③主な栽培ブドウ品種 1.白ブドウ 2.黒ブドウ ④ワインの法律と品質分類 ⑤ワインの産地と特徴 1.セルビア中央地域 2.ヴォイヴォディナ地域、コソヴォ地域⑥参考書籍・参考サイト番外編:①セルビ…

ジョージアのCHACHA(蒸留酒)とオーストリアの貴腐ワイン

Georgian Liquir "CHA CHA" and Austrian Beerenauslese. 週末のバルカン勉強会の望年会席上で、参加者持ち込みの貴重なワインをいただきました。 乾杯での1本めは、日本で入手困難なジョージアのCHACHAというグラッパ。 ワインを絞ったあとの残渣から抽出し…

2018年4月 岩手県陸前高田市(まちや世田米駅・神田葡萄園)宮城県気仙沼市(唐桑御殿つなかん)

4月のはじめの週末は陸前高田~気仙沼へ。3月11日に地元の友達に「来月も来るから、また改めて!」と言い残して横浜に戻った出直し旅。 「やまびこ」に乗り一ノ関へ。 一ノ関からは レンタカーで最初の目的地へ向かいます。 東北新幹線の車中までは、いつも東…

FOODEX JAPAN 2018(セルビアワイン)

3月6日はFOODEX JAPAN 2018の初日に行ってきました。 今年はセルビア関連のブースを重点的にまわり、それほど多くの出展社をまわることはしませんでしたが、広い会場で目移りして迷子になるのも少し楽しかったりも。 名刺のデザインを変えてセルビア料理人と…

セルビアワイン”Toplicki Vinogradi”紹介イベント

2017年11月20 日㈪はセルビア大使館で開催された、セルビアワイン”Toplicki Vinogradi”紹介イベントで料理を担当しました。 現在日本に輸入されているセルビアワインは、王室ワインの“アレクサンドロビッチ”のみ。2018年より、セルビアだけにしかないプロク…

2017年8月 岩手県花巻市(食の創り手マッチングプロジェクト)

2017年8月23日-24日は、「花巻市 食の創り手マッチングプロジェクト 産地ツアー」に参加。 7月から10月にかけ、花巻の生産者と首都圏の飲食店や消費者をつなぐ「生産者、事業者交流イベント」「産地受入ツアー」「収穫祭」プロジェクトのメインとなる産地ツ…

2016年9月 スロベニア(生ハム工場、ポストイナ鍾乳洞、ワイナリー)

クロアチア&スロベニア旅のレポートに戻ります。 6日めの9月23日はクロアチアのStrunjan(ストゥルニャン)で迎えた2日めの朝。 いつものようにがっつり朝食をとり、午後遅くなる試食をかねた昼食までの活力を養います。 バルカンのクレープはガスウォーター…

2016年9月 クロアチア(ポレチ、ワイナリー)

クロアチア&スロベニア旅の4日めの9月21日はイストリア半島ロヴィニで迎える最後の朝。 この日の予定は: 朝:朝食後Buje(ブーイエ)地方へ移動(63km・47分)。Vina Lagunaでメルロー収穫体験および昼食。 午前:Porec(ポレチ)観光後、Buje(ブーイエ)のKabo…

2016年7月 くずまきの食を楽しむ会inロズレ

2016年7月に『くずまきの食を楽しむ会inロズレ』に参加しました。 会場は横浜みなとみらい地区のレストラン。 横浜市民に人気の高梨乳業直営店。 高梨乳業がハーゲンダッツのアイスクリームを製造しているのは横浜市民の密かな自慢であります。 そしてくずま…

テイスティングセミナー(ボルドー生産者来日セミナー)

いままでの海と米に加え、今年の食材のテーマは牧場とワイン。 私が通っていたのは自由が丘ワインスクールなのですが。ソムリエ協会かどこからかお知らせをいただきまして、今日は「田辺由美のWine School ワイン力UP講座 生産者来日セミナー」に参加。 ボル…

2015年9月セルビア(ラシュカ、修道院にて「アガペシロップ」づくり)

キリスト教でパンはイエス・キリストの肉、ワインは血。今回のクッキングツアー最後のワークショップは、ラシュカ近郊の修道院での「アガペシロップ」作りでした。 数日前に訪れたストゥデニッツァ(Studenica)修道院は、世界遺産ということもあり観光客へ…

2012年6月 フランス(アルザス、ワイン街道)

( オー・ケーニグスブール城からの続きです。 ずっと憧れていた場所だけど とにかく日本でアルザスの情報を集めるのは大変でした。 『地球の歩き方』の数ページとフィガロのバックナンバー、 古本屋さんで見つけた『お菓子好きのための フランス地方の過ご…

日本ワインの会(浅草「茶寮 一松」)

まだ梅雨のまっただなかだった週末には 浅草の「茶寮 一松」でのワイン会に参加しました。 老舗の料亭って憧れるけれど 何だか敷居が高い気がして 自分からはなかなか踏みこめず 春の京都旅行では「老後の楽しみにとっておく」と言ったけれど でもやっぱり歯…

2010年5月 長野県(北国街道・ヴィラ・デストワイナリー)

また早い時間の新幹線・・・ 京都旅の東海道新幹線につづき、今回乗るのは長野新幹線です。 「新幹線の車両は撮らないの?典子さんは"鉄子"じゃないんだね」 「うん、私は"酒田花子"だから(←お酒と花の写真専門・笑)」 なんてやりとりのあと東京駅を出発し…

2009年10月 長野県東御市( ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー)

ずっと行きたいと思っていた場所。 何度か計画しては実現しなかったけれど やっとたどりついた場所。 夏のはじめに相談をはじめたのに お互いのスケジュールがあったのは9月の終わり。 でもそのおかげで、こんな風景に出会えたね ヴィラデスト ガーデンファ…

広東料理とワインの会(薬膳)

7月の記事は時系列が順不同になっていて アップが遅くなりましたが 友の里帰りにあわせたワイン会もありました。 前回いらした方の多くは渡航中ということもあり レディの集まり。 "食べる美容"のような薬膳系のお料理で。 Blanc de Blancs Jacques Lassaign…

広東料理とワインの会(上湯スープと薬膳)

お馴染の中華とワインの会がありました。 今回は初めて参加される方が4名で少々キンチョー。 男性が2名いらっしゃるので レディなイメージでセレクトした前回は ちょっと趣向を変えたいな。 白は男性、ロゼと赤は女性をイメージしてワインを選んでみました。…

広東料理とワインの会(ラム)

中華とワインの会のおはなし。 不定期開催でエビバデ・ウェルカム。 いろいろな出会のある楽しい会♪ 今回は私がワインを用意することになり、女性揃いの回なので手持ちの中からレディな雰囲気で選んでみました。 お料理のオーダーは 「ロゼシャンパーニュと…

広東料理とワインの会(主役は蟹で薬膳)

忘年会は中華とワインの宴でありました。 「主役は蟹で薬膳で」とお料理のオーダーをし、 ワインは友達が持ってきてくれるというお言葉に甘えて、 わくわく♪その日を待ちました。 まずは再会を祝してオーストリアの魅惑のグリュナー・フェルトリナーで乾杯♡ …

広東料理とワインの会(白ワイン)

先週末は首のながーい優美な2本を抱えて うきうきとおでかけ。 ねーさまとの 「ごはんを食べにいきましょう」という約束に お店をいろいろ考えて 迷いに迷って 結局はいつもの中華に予約していました。 本日のお品書きは こちらです。 (新年会は書きそびれま…

広東料理とワインの会(山椒たっぷりめ)

プチ・ワイン会。 今回のお料理のオーダーは 「山椒たっぷりめ、油少なめで、胃と肝臓の調子を整える料理」

イタリアワイン会(ウンブリア州)

ワイン会はイタリア、ウンブリア州がテーマでした。 "BREZZA" 2005 BIANCO DELL' UMBRIA IGT LUNGAROTTI 羅針盤がエチケットの白はグレケットとシャルドネ、ピノ・グリージョのアッサンブラージュ。 「そよ風」という名前そのままに柑橘系と白い花のほのかに…