セルビアンナイト

Serbian Night Vol.86《Pljeskavica(グルメバーガー)とLedene kocke(アイスキューブケーキ)で、がっつりブランチ&ランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。メニューは週替わりの完全ご予約制となっています。 毎月第4土曜日の主役はストリートフード。写真のPljeskavica(プリェスカヴィツァ)は、隣国からも、これを楽しみにセルビアに来るという人気のグル…

Serbian Night Vol.85《Burek sa prazilukom i mesom(ネギと挽肉の渦巻きパイ)とLeskovački Uštipci(レスコヴァッツ地方の肉だんご)で、がっつりブランチ&ランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。メニューは週替わりの完全ご予約制となっています。 毎週日曜日に更新しているこのブログですが、写真の整理をすませ、いざ文章を書こうとPCに向かったところ、キーボードを打っても反応せず。ログインで…

Serbian Night Vol.84《Sogan Dolma(タマネギの肉詰め)とKrempita(クレムシュニテ)で、がっつりブランチ&ランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。メニューは週替わりの完全ご予約制となっています。 4週間前からご予約を受け付けるため、毎回1か月先を予測しながらメニューを考えています。今回のメニューを告知した5月の中旬は、北海道の昨年の猛…

Serbian Night Vol.Vol.83《Musaka(セルビアのムサカ)とProja(コーンブレッド)でがっつりブランチ&ランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。メニューは週替わりで、完全ご予約制となっています。日本ではあまり知られていない料理の専門店ですが、はじめていらっしゃるお客様は、どんなきっかけでご予約されているんだろう。 差し支えなければ教…

Serbian Night Vol.82《Ćevapčići(肉団子のグリル)とKnedle(プラム団子)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。1年8か月のブランクを経た昨年の11月、久しぶりの青山通りは、ビル1階のテナントが休業中だったため、目印にしていた銅像にシートがかけられていたほかは、大きな街並みの変化は感じませんでした。…

Serbian Night Vol.81《Burek(チーズ入り渦巻きパイ)とMućkalica(豚肉のパプリカ煮込み)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。1年8か月の営業自粛を経て、昨年の11月より再始動しています。 再開したばかりの頃、キッチンで作業のさなか、ふと、客席の側だった時代、キャリアウーマン(いまは死語?いまどきは「ビジネスパーソ…

Serbian Night Vol.80《Punjene Parprike(パプリカの肉詰め)とBaklava(バクラヴァ)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。1年8か月の営業自粛を経て、昨年の11月より再始動しています。 大雨の予報にお客様の足元を心配しながらの今回。気温が上がるという情報もあったので、きっと蒸し暑くなるね。季節の花と調理用のハー…

Serbian Night Vol.79《Piletina u Ajmokcu(サワークリームソースがけグリルチキン)とGibanica(ギバニッツァ/チーズパイ)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。1年8か月の営業自粛を経て、昨年の11月より再始動しています。 これから迎える夏に向け、煮込みから「サラダ、どーん」「お肉、ばーん」的なメニューへの移行を、ゆるゆると進めています。メニューを…

Serbian Night Vol.78《Pljeskavica(グルメバーガー)とReforma Torta(アーモンド風味のチョコレートケーキ)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。1年8か月の営業自粛を経て、昨年の11月より再始動しています。 バルカン半島では、” Ćevapi/チェヴァピ (別名Ćevapčići/チェヴァプチチ)”や”Pljeskavica/プリェスカヴィツア"が人気のストリートフ…

Serbian Night Vol.77《Burek(挽肉とポテトのブレク)とĆufte u Sosu(バルカンのミートボール)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。1年8か月の営業自粛を経て、昨年の11月より再始動しています。 毎月第3土曜日には、渦巻きパイのブレクをお出ししています。今月は、3月に満員御礼となったメニューのアンコール回でした。同一メニ…

Serbian Night Vol.76《Sarma(サワーキャベツのロールキャベツ)とKolač sa višnjama(サワーチェリーケーキ)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。1年8か月の営業自粛を経て、昨年の11月より再始動しています。 先週は満開だった桜も、今週は萌黄色の葉桜へと移ろいはじめました。煮込み中心だったセルビアンナイトも、近づいてくる初夏に向け、さ…

Serbian Night Vol.75《Begova Corba(牛肉とオクラのシチュー)とMesni rolat(バルカンスタイルのミートローフ)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。1年8か月の営業自粛を経て、昨年の11月より再始動しています。 上の写真は、3月に参加した代官山ヒルサイドテラスの「Salon de Sakura」でのひとコマです(料理はすぐに売り切れてしまったので、手…

Serbian Night Vol.74《Ćevapčići(チェヴァプチチ)とŠopska salata(ショプスカ・サラータ)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。1年8か月の営業自粛を経て、昨年の11月より再始動しています。 長いこと居座っていた何匹めかの「マンボウ」が、やっと去りました。なんでもない日ばんざい! 3月最終の今週は、予報されていた雨も…

Serbian Night Vol.73《Burek(挽肉とポテトのブレク)とĆufte u Sosu(バルカンのミートボール)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。1年8か月の営業自粛を経て、昨年の11月より再始動しています。 石の上にも10年、20年、30年(長いな)。まわり道もそれなりに楽しんできましたが。おかげさまで、ずっとやりたかったことが、や…

Serbian Night Vol.72《Punjene Parprike(パプリカの肉詰め)とLedene kocke(チョコとミルクカスタードのキューブケーキ)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。1年8か月の営業自粛を経て、昨年の11月より再始動しています。 ワンオペで営業しているため、お料理をひと皿づつ運ぶごとにお客様とお話できるのも、一週間の楽しみです。来店のきっかけを訊ねてみた…

Serbian Night Vol.71《Svadbarski Kupus(結婚式のキャベツ)とĐuveč(牛肉と野菜煮込みの土鍋焼き)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店。1年8か月の営業自粛を経て、昨年の11月より再始動しています。 春めく陽射しに誘われ、久しぶりにダウンに袖を通さず青山へ。おかげさまで、今週もセルビアンナイトのドアを開くことができました。そろそ…

Serbian Night Vol.70《Pasulj (パスリ/自家製ベーコンと豆のシチュー)とĆevapčići(チェヴァプチチ/肉団子のグリル)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店。1年8か月の営業自粛を経て、昨年の11月より再始動しています。 このブログを書いているのは2月の終わり。2年前の今ごろ、仕事のスケジュールはすべて真っ白になりました。同じころ親友の七回忌に出席し…

Serbian Night Vol.69《Gulaš(グーラーシュ)とMusaka(ムサカ)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店。1年8か月の営業自粛を経て、昨年の11月より再始動しています。以前のディナーパーティ形式から、昼にしぼったダイニングレストランへの業態変更は大きな賭けでしたが、おかげさまで、隔週や月1ペースで…

Serbian Night Vol.68《Sarma(サワーキャベツのロールキャベツ)とBajadera(バヤデーラ)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。2月15日はセルビアの建国記念日にあたるため、2月11日の今回は、両国の建国記念日を祝うメニューを組みました。 週の初めから、大雪への警戒情報がくりかえされるなか、たくさん積もったら困るな。…

Serbian Night Vol.67《Mućkalica(ムチュカリッツァ)とKrempita(カスタードパイ)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。 いろいろな意味で北風の強いなか、右上がりの感染棒グラフとスポーツの祭典の最強タッグが到来し、今回のセルビアンナイトは寂しい臨時休業となりました。 夏もカオスだったな、とデジャヴを感じつつも…

Serbian Night Vol.66《Svadbarski Kupus(結婚式のキャベツ)とĆevapčići(チェヴァプチチ)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店です。 東京都に何度目かのマンボウがやってきましたね。覚悟はしていましたが、今回は再開した11月以来、もっともご予約数の少ない回となってしまいました。 とはいえ、いつもより少し余裕のある一週間。足を…

Serbian Night Vol.65《Burek(ネギと挽肉のブレク)とBakalar na brodet(タラのブロデット)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイトは土曜日だけのセルビア料理店。再開をきっかけに大皿料理から移行したワンオペでのコース料理提供にもだいぶ慣れ、お客様にも定着してきたようです。先週末も元気にオープン。口コミがきっかけのお客様、リピーターのお客様、友人たちが来…

Serbian Night Vol.64《Sarma(サワーキャベツのロールキャベツ)とBaklava(胡桃パイのシロップ漬け)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアの人々はユリウス暦で新年を祝います。2週間遅れのユリウス暦では、1月14日が元旦でした。日本での知名度は意に介さず、毎週毎週コテコテの郷土料理で攻めまくるセルビアンナイトですが、新年を祝う1月15日のこの回は、神髄ともいうべき、発酵キャベ…

Serbian Night Vol.63《Pasulj Prebranac(ベイクドビーンズ)とGibanica(チーズパイ)で、がっつりランチ&ブランチ》

昨年は営業自粛の中で迎えた新年でしたが、おかげさまで今年はセルビアンナイトでも仕事始めが迎えられました。 セルビアの人々はユリウス暦でクリスマスと新年を祝います。グレゴリオ暦から2週間遅れのユリウス暦では、東京都心で10cmの積雪があった1月6日…

Serbian Night Vol.62《Punjene Parprike(パプリカの肉詰め)とKnedle(プラム団子)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアの人々はユリウス暦でクリスマスと新年を祝います。グレゴリオ暦から2週間遅れたユリウス暦では、クリスマスは1月7日、新年は14日にはじまります。西欧の影響でクリスマスの空気感がまったくないとはいえないものの、そのため12月のうちは、まだ本番…

Serbian Night Vol.61《Ćevapčići(チェヴァプチチ)とKolač Sa Makom(ポピーシード・ケーキ)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビアンナイト再開時、ひとりめのお客様がいらした時に口から出てきた言葉は「いらっしゃいませ」ではなく「こんにちは」でした。気づいてみるとなるほど、そういうものなのですが、「こんにちは」の場合は、お客様も自然と「こんにちは」と挨拶を返して…

Serbian Night Vol.60 《Grčka Musaka(ギリシャのムサカ)とBajadera(バヤデーラ)で、がっつりランチ&ブランチ》

おかげさまで、今週のセルビアンナイトは満員御礼となりました。友人がお友達を誘って来てくれたり、11月にはじめていらしたお客様が再訪してくださったり、営業自粛中にSNSで問い合わせをくれたセルビア人が、再開を待ってご家族で来店してくれました。午後…

Serbian Night Vol.59 《Mućkalica(豚肉のパプリカ煮込み)とPita sa jabukama(アップルシュトゥルーデル)で、がっつりランチ&ブランチ》

今回のセルビアンナイトは、日本初のセルビア料理レトルト食品応援企画!前日に松原食品株式会社より発売された「ムチュカリッツア」をメインにメニューを組みました。こちらの商品は「My Serbia」が企画し、セルビア大使館が監修をされています。この発売の…

Serbian Night Vol.58《Sogan dolma(タマネギの肉詰め)と Burek(渦巻きパイ)で、がっつりランチ&ブランチ》

セルビア料理初体験、というお客様からよく「日本人むけにアレンジをしているんですか?」とたずねられます。バルカンの人々と日本人には絶対的な体格差があるため、ひとり分の量は日本人の胃袋にあわせていますが、心がけているベクトルは実はまったく逆の…

Serbian Night Vol.57《Svadbarski Kupus(スヴァドバルスキ・クプス) / サワーキャベツの煮込み)で、がっつりランチ&ブランチ》

2015年に誕生したセルビアンナイトは、おかげさまでこの11月19日が6周年の記念日でした。翌11月20日のメインであるSvadbarski Kupus(スバドバルスキ・クプス) / サワーキャベツの煮込みは、結婚式やお祭りなど祝い事の席につきものの宴席料理。7年目を迎…