2013年8月 宮城県気仙沼市( LIGHT UP NIPPON・漁港)・陸前高田市・平泉

今回の旅では、LIGHT UP NIPPONでのボランティア作業のほか、
宿泊した気仙沼プラザホテルの支配人と、気仙沼魚市場のガイドの方、
栃の沢ベースの酒店"いわ井"社長という3人の語り部のお話を聞くことができました。
ご自分が2011年3月11日にいつ、どこで、誰と何をしていたか、という体験を基に得た教訓を語る言葉は胸に深く深く染み入りました。

自然災害に関しては、何よりも油断が禁物であること、
常日頃から緊急時の避難場所を家族と話あっておくこと、
津波てんでんこ”という先達の教えを守り、あたり前とされていることを守ることが、いかに大変か。
助けに行ったり、助けを待ったりすることは命取りなんだ。
自分の身は自分でしか守ることができないんだね。
いちばんの貴重品は、命なんだよね。

哀しい記憶や壊れてなくなってしまった風景はあるけれど、
美しい自然と海の幸、山の幸に恵まれ、みんなが一生懸命前を向いて生きている東北の魅力の一端でも、これからもお伝えできればと願います。


2013-08-11 気仙沼みなとまつり

 

 

 


2013-08-12 気仙沼漁港