Bible of Wine Ⅰ


神奈川県内ではありますが、記憶の中の父の実家は果樹園と田畑に囲まれた農家。母方の従姉妹といつも遊んでいたのは一升瓶と米袋が積み重ねられた酒屋の倉庫。精米機から出てくる米ぬかの山が砂場替わり(笑)
大人になって「理想だ!」と感じたのはDASH村、映画「ベイブ」の農場。
====
そして玉村豊男さんの「ヴィラ・デスト」。
フランス料理は自分でつくるものではない気がしていたのですが、ちょっと気になりだして買ったレシピ関連の本。
ヴィラデストのオリジナルワイングラスも一緒に。
もちろんリーデルボルドーグラスも欲しいのだけど、思い入れがあるのはこちらのほう。。。。

 

ワインの時間

ワインの時間

  • 作者: 玉村 豊男
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2000/10
  • メディア: 大型本
 


何度も繰り返し読んだ本。
ワインスクールに通うきっかけだったかもしれない。


 

花摘む人 ヴィラデスト・ワイナリーができるまで

花摘む人 ヴィラデスト・ワイナリーができるまで

  • 作者: 玉村 豊男
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/05/11
  • メディア: 単行本
 


アンリ・ジャイエの本ともに醸造と栽培について何度も何度も読んだ本。この一節が心に残ります。↓

ARBORES SERIT DILIGENS AGRICOLA, QUARUM ASPICIT NUNQUAM IPSE BACCAM
勤勉なる農夫は、みずからがその果実を見ることのない樹を植える。
私が好きなラテン語の諺だが、樹齢が二十年以上になってようやく成熟した味のワインを生むブドウの樹は、私にとってまさしくこの農夫の果樹なのである。(P.37)

 

ヴィラデスト ワイナリーの手帖

ヴィラデスト ワイナリーの手帖

  • 作者: 山同 敦子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/06/11
  • メディア: 単行本
 


三者から見るとどうなのかなぁ・・・と興味がありました。
玉村さんを中心としたいろいろな方々の情熱がヴィラデストをつくりあげているのだなぁ・・・と実感。